スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

目次

単勝魂 目次です!

【忘れられない馬券の話】
・ホーマンベルウィンの彼の話

【レース選定マイルール】
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・其の4:休養明けの馬が過剰人気のレースを買う
・其の5:血統的に切れる馬が過剰人気のレースを買う
・其の6:追込脚質の馬が過剰人気のレースを買う
・其の7:勝てない騎手が過剰人気のレースを買う
・其の8:できれば短距離戦より中・長距離戦を狙う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

【馬券購入マイルール】
・其の1:単勝で穴を狙いすぎるな!
・其の2:着順ではなく、着差を見る
・其の3:着差にペースを絡めて考える
・其の4:夏の軽量3歳馬(1000万条件)に注意!
・其の5:前走(前々走)同レース出走馬は1まとめにして検討
・其の6:コースの有利不利を考える
・其の7:芝→ダートは切り、ダート→芝は買い
・其の8:前走距離は最適だった?

【買い方の考察】
・単勝と馬連のコンボ
・単勝のリスクヘッジ
・重賞における牝馬の考察
・ペースの定義
・馬券の履歴をつける
・期待値について
・12-20断層法

【1000万条件分析】
・其の1/其の2/其の3
・分析を踏まえた1000万条件の買い方

【3連単検証】
・其の1/其の2/其の3/其の4/其の5

【1本かぶりレース検証】
・其の1/其の2/其の3/其の4/其の5
・中山/京都/東京/阪神




ブログランキング
スポンサーサイト

衝撃を受けた馬券

2002年、友人と競馬を一緒にしていたときのこと。

その日私が1レースから馬券を買いあさるのを尻目に、その友人はずっとケン。
そして阪神10R梅田Sを迎えた時、ようやく彼が重い腰を上げた。

彼の馬券は
4番人気のホーマンベルウィンの単勝5,000円
カネツフルーヴ?ホーマンベルウィンのワイド5,000円

レース前に彼が「カネツは詰めが甘いからな」と発したとおり、
結果はホーマンベルウィン→カネツフルーヴの順に入り、
見事にW的中だったのですが、
その時カネツ流しで100円、200円ばかり並んでいる自分の馬券と
彼の馬券とのギャップに大きなショックを受けたことを今でも覚えています。

どちらも的中、しかし返ってくる配当が全く違う。

1つのレースに1万円なんか賭けられないよ、という人もいるでしょう。
当時私もそう思いました。
しかし、よく考えるとその日は1レースから小刻みに賭けまくってて、
トータルでそれくらい負けてたんですよね。

そのとき私は自分の馬券を非常に恥ずかしく思ったのと同時に、
「勝負はどのようにするべきか」を肌で感じ取ることができました。

彼とは今でも非常に密に連絡を交わしていますが、
彼は私の競馬観にとどまらず、勝負というカテゴリにおいて、
多大な影響を与えてくれた人と言えるでしょう。

あの5,000円が2つ並んだ馬券だけは、生涯忘れることができなそうです。

ブログランキング

競馬経費

競馬にかかる費用は、馬券代だけではない。
新聞費、週間GALLOPやブック、競馬場やウインズへの交通費、赤ペン代、
グリーンチャンネル代・・・

一体いくらかかっているか計算したことはありますか?

私はかつて、競馬エイト(410円)とGALLOP(600円)を毎週買ってました。
グリーンチャンネル+スカパー(1600円くらい)も加入していました。
1週間で新聞とGALLOPが410円×土日2日+600円=1420円
1年で1420円×52週=73840円
グリーンチャンネル1600円×12ヶ月=19200円も合わせると、93000円。

なんと、少なくとも1年で9万円以上のお金を費やしていたのです!

これを改めて見た時に、愕然としました。
下手したら年間の負け額よりも多いかもしれません。

それから、競馬経費の削減について考えるようになりました。
競馬新聞だからといって当たるわけではない・・・と思っていた時期でしたし、
競馬新聞は専門誌でなくても馬柱が載ってればいい!ということで、
ニッカンスポーツを利用するようになりました。

GALLOPも惰性で買っていたので、一度やめたら買わなくても平気になりました。

だいたいメインレース近くしかしなくなったので、フジテレビで十分になりました。
それに伴い、グリーンチャンネルも解約しました。

さあ、どれだけ経費が浮いたでしょうか?
どれだけお金を競馬に回すことができるでしょう?

独身で自由にお金を使える人なら別ですが、
家庭を持っている人に、この数万円単位の経費削減は、大きな威力があるでしょう。

資金は馬券を当てる以外でも、捻出できるものなのです。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

スプリンターズSを振り返って・・・

昨日はずっと前から狙っていたサイレントウィットネスが見事優勝。
さてそれはいいのだが、ふたを開けてみると単勝2.0倍の圧倒的1番人気。

これじゃ買えねぇ?!
と違う馬券を買って撃沈。

素直に単勝買っとけば的中だったのに、オッズに振り回されて不的中。
でも、単勝2.0倍買って外すと、穴を狙って外した時に比べて虚しさ倍増。

こういう時って、どういう馬券を買えばいいんでしょうね?


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ディープインパクト

昨日の神戸新聞杯でも、ディープインパクトの人気はすごかったですね。
まさに競馬界のヨン様(笑)

しかし、これだけのパフォーマンスを見せられると、やはりディープインパクトの出るレースはケンということになってしまいますが、
この馬が負けるタイミングって一体どこなんでしょうか?

『どんなに強い馬でも、いつかは負ける』
これが自論なのですが・・・

本当にJRAからの圧力とかあったら、まだまだ負けないな(笑)
JRAにとっては、久々に手にしたお宝ですから。

ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ディープインパクト始動!

オープン馬を斬る!
【エイシンツルギザン】追加しました!

--------------------------------------------

さて、いよいよディープインパクトが始動しますね。
もう、どの新聞見ても「ディープ完璧!」という文字が躍っています。

いつもなら、「そんなに人気になったら切っちゃうよー!」と息巻いてるトコですが、さすがにこの馬には逆らえないな・・・というのが正直な感想ですね。

単勝はやっぱり100円になっちゃうのでしょうか?(笑)

でも、神戸新聞杯では気になる馬が1頭います。
それは、ストーミーカフェ。

ディープインパクトの末脚に勝つのは、強力な逃げ馬しかないと思います。
皐月賞では本命にしようと決めていた1頭。
残念ながら出走できませんでしたが・・・

ただ、順調に使われている馬が英気を養うために休養していたわけではなく、
骨折での休養なので、まあちょっと難しいでしょうけど・・・
応援はしたいですね!


ブログランキング

競馬の本-其の3-

里中李生氏


里中李生氏は前2人と違って、競馬を楽しんでいない。
ストイックに『勝つ』事だけを考えている。
その結果が資金の集中であり、単複を基調にした馬券である。

・男としてどのような馬券を買うべきか
・勝負はどのようにすべきか
・勝つための考え方とは

ちょっと極論なところもあるが、ベースは非常に共感できる。
この本を読むと負けないような気がしてくる。

ギャンブルに最も大切なのは『勝つ』という気合。
その気合を高めてくれる本だと思う。

『走攻守』でいうと、間違いなく『攻』。
私の競馬観に最も大きな影響を与えた本である。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

競馬の本-其の2-

引き続き、競馬の本について述べる。

---------------------------------------------
北野義則氏:馬券練習帳シリーズ



北野義則氏は、非常に頭がいい。
競馬という知的推理ゲームに対して、ありとあらゆる切り口から分析・検証を行い、強引ながらも結論づけていく。
さながら馬券マーケティングという感じを受けないでもない。

北野義則氏の本から学んだことは、
・穴馬には激走の理由があること。
・その理由を見つけ出すには、豊かな遊び心が必要だということ。
・すなわち、馬柱ばっかり見てても馬券力がつかないということ。

その発想の面白さ・豊かさには、本当に感心する。
私も北野義則氏のように、競馬をもっともっと楽しみたいと思う。

『走攻守』でいうと、『走』を学んでいる感じでしょうか。
競馬の読み物としてのクオリティーは非常に高く、オススメです。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

競馬の本-其の1-

オープン馬を斬る!
【アルビレオ】【ゴールデンロドリゴ】追加しました!
---------------------------------------------
競馬の本はこれでもか!というくらい発刊されている。
特に3連単が発売されだしてからは、射幸心を煽る本が多い。
3連単で家を建てる方法・・・だの、月収100万円つかむ方法・・・だの。

私は最近そういった必勝本の類は一切買わない。
人が考えた必勝本どおりに馬券を買って外したら、言っていくところがない。

じゃあどのような本を読むのか。
私の持っている本は、藤代三郎氏・北野義則氏・里中李生氏の本しかない。
それらの本を何度も何度も繰り返し読んでいるのである。
これらの本について、何回かに分けて触れていく事にする。

---------------------------------------------
藤代三郎氏:外れ馬券シリーズ


藤代三郎氏は、レースを絞ることをしない。
早朝1Rから全場バシバシ攻めてしまうのである。
しかも返し馬がよかったらもう止まらない。
無理を承知で、どんどん突っ込んでしまうのである。

9Rや10Rで万馬券をゲットしても、11R・12Rのレートを上げてしまうので、
最終レースが終わった時点ではチャラかマイナスがほとんど。

軸を決めると、ヒモは結構適当。
時に総流しして深い傷を負う。
前日予想をオッズだけみてコロっと変えて外す。
手を出しすぎて、レースも馬もほとんど覚えていない。

私が考える『最も負ける買い方』を実践しているのが藤代三郎氏なのだ。

そしてなぜ私がその本を何度も繰り返し読むのか。
それはこの本が反面教師だからである。

決してこの本は必勝本ではない。むしろ必敗本だ。
必勝本のとおりに買っても勝つことはあまりないが、
必敗本の反対の買い方をすれば、負けることが少なくなる。

こういう買い方をすれば大負けする、という疑似体験を本で行い、
本当の競馬では負けないようにするのである。

『走攻守』でいうと、『守』を学んでいるといえるだろう。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

レースの記憶

オープン馬を斬る!
【ダンスインザムード】
追加しました!
------------------------------------------------

シンボリクリスエスが1回目に勝った有馬記念をスタートからゴールまで思い出して欲しい。
・・・すぐに浮かんだだろうか?

道中は超スローペースの団子状態。
そのペースを遅いと感じた武豊が、当時無敗だった女王ファインモーションをハナへ。
ペースを落ち着かせようとした時に、佐藤哲のタップダンスシチーが競りかける。
結果ファインモーションがつぶれ、タップダンスシチーがあわや逃げ切るか?というところにシンボリクリスエスがものすごい豪脚を見せ、ゴール前わずかに差しきり。
あの逃走劇には非常にドキドキした。

では、同日のハッピーエンドCのことは思い出せるだろうか?同日の第2レースのことは?
きっと覚えてないでしょう。

だから、同じ勝負をするなら重賞にしたい。
そうすれば、その勝負は勝っても負けても生涯ずっと語り継げる。
だが、1000万条件の勝負の話なんて、実は誰も覚えていないのだ。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マイルールの文章化

オープン馬を斬る!
【ギャラントアロー】
追加しました!
---------------------------------------------
皆さんは予想をする時にマイルールを持っているだろうか?

・・・当然持っていると思う。
持っているからこそ、軸馬を決めることができ、お金を賭けることが出来るのだと思う。

では、それを文章化していますか?
というと、ほとんどの人がしていないと思う。

自分の思考を文章化すること、それをすることで自分がどういう風に予想プロセスを取っているかを自分の中で見つめ直すことが出来る。
自分の予想のクセも見えてくるかもしれない。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

オープン馬コメントセンター設立!

上のまとめ一覧にオープン馬コメントセンターという表記が新しくできたのにお気づきになったでしょうか?
ここでは、皆さんが傾向を掴んでいるオープン馬の情報を書き込んでいただきたいなと思っています。

実はオープン馬を斬る!作成にあたり、230頭もの馬を1人の視点からはなかなかとらえきれないな・・・と実感。
走りが全然思い浮かばない馬も多いし。

さて、どうしたものか・・・と考えた時、ふとアイデアが浮かびました!
このブログを読んでくださっている皆さんの知恵を集結すればいいのだ!

皆さんにも、狙い馬とかいると思います。
この馬が中山の1600mに出てきたら買い! とか、
逆にこの馬は府中が全然だめ・・とかあるでしょう!

そういった狙い/切りに関するデータ・考え・知恵を、ぜひともこのオープン馬コメントセンターに残していただきたいと思います!
皆さんで「オープン馬を斬る!」を作り上げていきましょう!

そしてランキングでも上位を目指し、色々な人に我々の力の結晶を見てもらいましょう!

全員参加型ブログ『単勝魂』を目指します!
ぜひ、このオープン馬コメントセンターに、あなたの知恵をお授け下さい!



ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

セントウルSの回顧

オープン馬を斬る!
【アラタマインディ】追加しました!
【ゴールデンキャスト】追記修正しました!

--------------------------------------------
オープン馬を斬る!でゴールデンキャストは常に切ってもいいと書いたら来てしまったので、悔しいからより突っ込んで調べてみた。
すると、ゴールデンキャストがセントウルSで勝ってしかるべきデータが出たのだ!

距離適正が1400m以下に偏っている事は明白なので、
1400m以下の各競馬場でのレース結果を以下に記載すると・・・

東京:(0,0,0,2)
中京:(0,0,0,3)
新潟:(0,0,0,1)
阪神:(3,0,0,0)←Perfect!!!
小倉:(2,2,2,2)
京都:(1,0,1,5)
中山:(0,0,0,2)
福島:(0,0,1,1)

今まで左回りが不得意という事しか見えていなかったが、実は右回りでも
阪神と小倉、特に阪神の芝にダントツにフィットしており、
逆に他場ではほとんど連にからまない事が分かる。

阪神1600m戦の結果にだまされたか!
(アーリントンC:7着、ファイナルS:6着)
あれは距離が長すぎただけだったんですね・・・

検証結果をみると、ゴールデンキャストはスプリンターズSでは来ない!
と言えるのではないでしょうか。

ぜひとも人気を背負ってもらいたいものです。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

連勝について

オープン馬を斬る!
【アンクルスーパー】
追加しました!
--------------------------------------------------

競馬において、連勝というのはほとんどないと考えられる。
3歳馬だと新馬→500万→オープンと連勝する馬が出てくるかもしれないが、
古馬オープンクラスだと、連勝・3連勝する馬はほとんどいない。

そんな馬はサイレンススズカやテイエムオペラオー、ゼンノロブロイのように能力がずば抜けている馬くらいだと考えた方がいい。

普通のオープン馬は連勝しないのだ。
だから、2連勝している馬は、ちょっと軽視してもいいのだ。

そんなバカな事を、と思うかもしれない。
しかし、競馬には順番というものがある。
そんなもんだ。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

馬の特徴について

前回のテストの話で、
問4.カルストンライトオの特徴について、200字以内で簡潔に述べよ
という問題を作ってみた。

「馬券力テスト」自体は仮の話だけども、オープン馬について自分が把握している特徴を簡潔にまとめてデータベース化しておくことは非常に重要な事だと思う。

競馬は記憶のギャンブルだというが、人間の記憶は、それはそれは曖昧なものだ。
しかし、それを書き留めておけば、いつでもその情報を引き出せる。
抜き差しできるカードタイプのファイリングであれば、馬が引退すればファイルから抜けばいいし、いつでも入れ替えられる。

対象馬はオープン馬だけで十分だろう。
あまり対象が多すぎると、人はやる気がなくなるものだ。

これってナイスアイデアじゃないだろうか?
ということで、即実践してみた。
もうお気づきだと思いますが、「オープン馬を斬る!」と題して、50音順でまとめてみました。

とりあえず
アイポッパー
アドマイヤグルーヴ
アドマイヤマックス
ウインラディウス
カナハラドラゴン
カルストンライトオ
ゴールデンキャスト
スティルインラブ
ツルマルヨカニセ
バランスオブゲーム
ミッドタウン
メイショウカイドウ
の12頭入れてみました。

オープン馬は230頭くらいいるから、一気に入れることはなかなか出来ませんが、徐々にデータを増やしていきます!


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

馬券力テスト

馬券力にもテストがあればいいのにね。
例えばこんなの。

--------------------------------
問1.次のうち、外枠が不利なコースを全て選べ
ア.中山芝1600m
イ.東京芝2000m
ウ.阪神芝1600m
エ.阪神ダート1400m

問2.次のうち、先行有利なコースを全て選べ
ア.中山芝1800m
イ.京都芝1800m
ウ.札幌芝1500m
エ.東京芝1600m

問3.ハンデ戦の軽量馬について、気をつけなければいけないほうを選べ
ア.軽ハンデをいかした最後方からの追込
イ.軽ハンデをいかした逃げ残り

問4.カルストンライトオの特徴について、200字以内で簡潔に述べよ
--------------------------------

そんで塾とかがあって、毎週土日は実技試験。
全国順位とかあって、偏差値とか、馬券力A?E判定とかでるの。

面白そうじゃない?


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

新馬戦のワナ

新馬戦は、POGをやっている人や血統というファクターを重んじる人にとっては、相当面白いであろう。
自分が取った馬の応援をすることは、悪いことではないと思う。

しかし、馬券は別だと思う。

良血馬があっさり負けるのも競馬だし、調教では走る馬がレースでは走らないのも競馬。
その中でローテーションとか全く関係なく、全馬初出走でヨーイドンのレースなんて、当たるわけが無い。

中には当てている人もいるだろうから補足すると、それは「たまたま当たった」のであり、「当てた」わけではない。
そもそも血統と調教くらいしか予想ファクターがないのだ。
良血馬を買えば、そこそこ的中率が上がるだろうが、皆が同じ視点で馬券を購入するのだから、そういう馬は当然人気になるのだ。

狙って当てられるレースではなく、たまたま当たった時は配当が安い。
最悪である。

新馬戦を買うくらいだったら、まだ馬柱に情報が少なからずある未勝利戦を買った方がまだマシだ。
まあ、私は未勝利戦も買わないけどね。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

買い方の画一化

皆さんは自分のスタンスをきちんと確率しているでしょうか?
ブログランキングの上位の方の予想を見るとほとんどの方は買い方がきちんと決まっています。
間違っても、9Rは馬連・10Rは馬単・11Rは3連単・・・などという買い方はしていません。

馬連には馬連の、3連単には3連単の買い方・狙い方があり、
それは1つの馬券を突き詰めていかないとなかなか見えてこないものだ。
だからこそ、早く自分のスタンスは確立すべきだと思う。

では、どの馬券を買うべきなのか?
そのスタンスは個人によって違うし、自分に合った買い方というものがあるだろうから、各人がそれを模索するべきだとは思うが、あえて選ぶなら単勝だと言いたい。

なぜか?
馬単や3連単は当然のことながら1着を当てないといけない。
馬単や3連単が当たらないのは1着が当たらないからだ。

しかし、対象となる馬が多すぎて、その事実にすら気づかない。
自分のハズレ馬券において、1着が当たらない馬券とヒモが外れた馬券、どちらが多いのかもきちんと把握できていない。

一度単勝を買ってみると、その難しさがよく分かる。
馬単や3連単なんてとんでもない馬券だ!と思えてくる。

その気持ちを知って、初めて単勝という馬券の重みが分かる。
自分の今までの馬券を反省したくなる。

その気持ちがスタンスの確立に一役買うのである。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

馬券スタンスについて-其の5-

前回単勝・複勝がいいと結論づけた。

この買い方のいいところは、「捨て金」が少ないということ。
「捨て金」とは、絶対に当たらない金額のこと。
例えば馬連を1000円均等に5点、計5000円買うとしたとき、
5000円のうち4000円は絶対に当たらない馬券、すなわち捨て金だ。

ほとんどの人が、こういう買い方に違いない。
私もずっとこういう買い方をしてました。

5000円のうち4000円って、投資金額のうち80%は既に捨てているのですよ!?
今まで軽くしか考えていなかったけど、これは結構衝撃です。
3連単100円ずつ100点買ってる人なんて、投資金額の99%捨ててることになる(笑)

単勝:2000円
複勝:4000円
だとどうだろうか?
当然、捨て金が全く無い。0円だ。
どちらが優れた購入法か分かってもらえると思う。

始めから無駄な投資を少なくすること。
これは常に意識しておくべきでしょう。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

馬券スタンスについて-其の4-

先日、ワイドで2点を当てるのは難しいとした。
結局単勝・複勝を中心とした馬券を購入することが1番なのであろう。

単勝:複勝の割合をいくらにするか。
これが次の課題となる。

今私は『単勝:複勝=1:2』の割合で購入している。
この理由について少し触れたいと思う。

-----------------------------------------
単勝はなかなか当たらない。
的中率20%くらいだろうか。

そうすると、5回に4回は「ハズレ」である。
10回に8回ハズレかもしれないし、100回に80回ハズレかもしれない。
母数が多くなればなるほど何が多くなるか、それは連続不的中の数だ。

不的中が続けば、当然資金が少なくなる。
勝負の時に資金が無いなんてこともありえる。
一発逆転を狙って変な馬を狙ってしまうかもしれない。
これをフォローするのが複勝である。

複勝が当たれば、少なくともお金が戻ってくる。
しかも、今の私のスタンスだと、狙い馬の複勝は大体150円?200円くらいつく。

150円以上ついたときにプラスにしようとすれば、
単勝:複勝=1:2

200円以上ついたときにプラスにしようとすれば、
単勝:複勝=1:1

であるが、複勝200円というのはなかなか出ない。
よって一般的に出やすい複勝150円でもチャラにできるように
単勝:複勝=1:2
を選択している。

しかも、ここで大事なことは
「単勝を外した」=「勝負に負けた」
のに馬券収支的にプラスになっていることである。

この点は大いに評価すべき点だと思う。

当然単勝が当たれば、その分だけ大幅にプラスになるのだ。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

馬券スタンスについて-其の3-

先週は全くゴールド参戦しなかった。
なぜか?
ゴールド参戦がつまらなかったからだ。

つまらない理由というのは、本当のお金が動かないからじゃない。
むしろ、本当のお金を賭けなくてよかったと思っているくらいだから。

真相は、馬単や3連単という馬券がつまらなかったからだ。
1頭決めた後、何頭もヒモ候補としてピックアップをし、後は当たるか当たらないかは運任せ。
20点買いで2万馬券を当てても、後10回同じ買い方をして外してはチャラになる・・・

なんとも刹那的ではないか!

3連単は99回外しても、100回目に大万馬券を当てればいいという的中率無視の馬券だが、
私はやはり的中率があってこその回収率であると思う。

単勝・複勝にしか興味がなくなった今、ゴールドの参戦は必要がなくなったのかもしれない。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

馬券スタンスについて-其の2-

前回単複1点買いが勝負もしやすく、効率がいいと述べた。
そして、その単複馬券法を拡張しようとして3連単や馬単のシミュレーションをゴールドを用いて行っていたが、
複勝の考え方を用いると、拡張の方向性は3連単や単勝ではなく、ワイドなのではないだろうか?
と思うようになってきた。

そこで、今まで思考に取り入れることすらしなかった
ワイドでの馬券の組み方を考えてみる。

今まで私は、単勝1倍台の馬がいる時、ワイドの軸はその馬だった。
しかし、今は違う。
軸たる馬は単勝1倍台の馬を蹴飛ばした結果選ばれた馬であり、
単勝1倍台の馬がいる中では、純然たる穴馬である。

私の買い方では、単複1点だが、そこに至るまでに3頭くらいに絞られる。
ワイドであれば残りの2頭にワイド2点。
非常に少ない点数で購入することが出来るし、総当たりもありえる!

・・・ここでふと違和感を覚えた。
自分の軸馬からワイド流しで2頭選び、総当たりを目指す!ということは、
『3頭選んで3頭が3着以内を目指す!』ということか・・・

それが出来るくらいだったら3連複を1点で買うし、3連単を買うだろう。
2,3着目が分からないから、馬単や3連単が無理だと感じたのではなかったか?

このワイドの考え方、当たりやすいようで、実はまやかしだ!
危ない、真剣に道を誤るところだった。


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

12-20断層法

前回、3連単はまだ買えないという1つの結論に達しました。
非常にスッキリした感があります。

これからは、買い目も少なく、そこそこ的中もある
単勝+複勝で攻めたいと思います!

ここで、単勝?馬単まで当てるための視点を再度考えてみる。
最近私が考えているのが、『12-20断層法』である。
コレは何か?というと、

1着候補:単勝12.0倍くらいまでの馬
2着候補:単勝20.0倍くらいまでの馬
とある程度レンジを決め、それに合わせて馬券を購入する考え方。

【ケース1】
馬券購入マイルールで残った馬が
A:単勝8.3倍の馬
B:単勝14.2倍の馬
C:単勝25.0倍の馬
の3頭だとしよう。

単勝を狙うにあたり、『12-20断層法』を当てはめると、
単/複を購入するのはAの馬であるべきだと考えられる。
もしA-Bの馬連を購入するならA→Bの馬単を購入すべきだ。

--------------------------------
【ケース2】
馬券購入マイルールで残った馬が
A:単勝14.2倍の馬
B:単勝25.0倍の馬
の2頭だけだとしよう。

単勝を狙うにあたり、『12-20断層法』を当てはめると、
Aの馬は単が狙いにくいので、複1点にする。
複を狙うにあたり、3着までならなんとか・・・という馬を狙うとよくないので、
狙う馬はAとBならAを選択する。(Aは2着までなら・・・の馬)

馬連を購入するならA?上位人気、
馬単を購入するなら上位人気→Aを買うべきだ。

--------------------------------
私は今まで、単勝18倍とかの馬をバシバシ買っては2着、3着・・・
ということが多かったが、単勝は堅めに収まる傾向があるところに
無理にケンカを仕掛けていたのかな・・・と思う。

単勝と複勝を使って、競馬を攻略するぞ!


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証-其の7-

さて、これまで様々な考察を続けてきました。
しばし単勝から離れて3連単・馬単に目を向けてみました。

私は一度調べようとすると、納得するまでとことんデータを調べ、
仮定を立て、また検証・・・を繰り返したいタイプですので、
ここ最近の内容は、全然面白くなかったかもしれません。

調べてる私自身だけは相当面白かったですが(笑)

さて、これだけ調べてきて感じることがあります。それは・・・
「3連単を狙えるレースは本当に少ない」ということであり、
「3連単を狙って当てるイメージが出来ない」と同義である。

実際今までの考察から、3連単をコンピ指数で買おうとしたが、
そんな適当に網を広げても、簡単に当たるものではないということ。
特に1着・2着馬は1頭ずつ決めるくらいでないと、結局は買い目が多すぎてドボンだ。

そもそも予想も何もせずにコンピ指数から穴目を引っ張ってくるのは、
非常にラクなのだが、それは狙っているとは言えないし、
もしうまいこと200倍とか当たったとしても、たまたまだし、
外した時に、気持ちのやり場がないんだよなぁ。

3着目は「なんでこんな馬が!?」っていう馬が突っ込んでくることも多いし、
何も考えずに穴をピックアップする方が大穴馬券を狙うにはいいかもしれませんが・・・
今の私の思考スタンスでは、あまりいい馬券ではないように感じます。
自分で心底考え抜いた結論で勝負し、馬券を外したのなら、全てに納得がいくのだが・・・

結局今の私が競馬で勝つためには、3連単を1回諦めるのが得策という結論に達しました。
とはいえ、全く他の馬券に触れないと全然向上しないので、
仮想のゴールドで引き続き賭けていこうと思います。

今回の3連単考察は、一旦3連単を諦めるためにあったようなもんでした。
やっぱり競馬は単勝でしょう!


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証-其の6-

関東のレースでは、1番人気馬が飛ぶ!と思っても、大抵3着までには入ってくる。
逆に、関西のレースでは1番人気が飛ぶ時は、4着以下まで飛んでいく。

これを上手く使うには、どういう戦法を取るべきか。

【関西の場合・・・】
1番人気が「飛ぶ=着外」と考える場合、自分が選択した馬をαとすると、
まずα?1番人気のワイドは、全く意味がない。

次に馬単の購入を考える。
α→1番人気以外
のパターンしかありえない。

このパターンは、3着目も1番人気ではないことが多いということも加味すれば、
α→穴→穴 となるのであろうが、これではかなり点数が多くなってしまう・・・
穴を5頭選ぶとすると20点、4頭で12点、3頭で6点。
せいぜい3頭だよなぁ・・・

よって阪神・京都で馬券を買う場合は、
αの単勝
αの複勝
α→穴馬3点
3連単は余裕があれば・・・
がいいように感じるが・・・


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。