スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

天皇賞・春 最終予想

私はオッズを見る前、最終的に
ヒシミラクル
リンカーン
シルクフェイマス
チャクラ
の4頭に絞りました。

しかし!しかしですよ。
ヒシ・リンカーン・シルクが1,2,3番人気なんて!
一気に買う気がしぼみました。

今回のヒシミラクルの前日1番人気は、宝塚記念の時とは違い、明らかに「分からないときのミラクル期待」という押し出された1番人気です。
切りたいですが、リンカーン・シルク・チャクラもあんまりGIを勝つようなイメージがありません・・・

そう、イメージが出来ないのです。
本来なら手を出すべきレースではありません。

しかし、GIというだけで手を出したくなるものなんですよね。
そして、至極馬連を買いたくなるケースです。

悩みます・・・自分との闘いです(笑)


ブログランキング
スポンサーサイト

知らない外国馬の考察

ちょうど天皇賞・春にマカイビーディーヴァが出るので、
知らない外国馬について触れてみたいと思う。

馬は、関西から関東への輸送でも影響が出るくらい繊細な生き物だ。
ましてや海外から日本への輸送など、大変なことだというのは容易に想像できる。すでに外国馬はその時点でハンデがあるのだ。

加えて、馬場適性の問題がある。
強いと称される馬が、馬場が合わなくて全く力が出せないなんていうのはザラだ。
逆の立場で考えると、カルストンライトオ・ビリーヴ・ショウナンカンプだって、海外では全くいいところがなかった。

ただし、見切るのは人気になっている外国馬だ。
最近だと、マイルCSのラクティだろうか。
みんなほとんどラクティのことを知らないくせに、この馬を買いすぎだ。
来てもタマタマ、でも来なかったら・・・納得できないでしょう。

そんなことを言いながら、私は2002年のジャパンカップでは
ファルブラヴ?サラファンの馬連256倍を当てた。
なぜ外国馬を買ったか?人気がなかったからだ。
当時のジャパンカップは上位人気を全て日本馬が占めていたが、そのメンツが頼りなかった。

ジャングルポケット(中山のトニービン切り)やノーリーズン、マグナーテンなどは、とてもGIを勝ちきるようには思えなかったのだ。
私は全ての外国馬にシンボリクリスエスを加えた8頭BOXを購入した。
勝負ではなく遊びだから100円だったが。

私は外国馬の取捨は一定のルールを設けたい。
「人気なら無条件で切り、人気薄で日本馬が手薄なら買い。」
こうしておけば、見たこともない馬に翻弄されることもないだろう。


ブログランキング

土曜買い目

今日オッズ的に面白いのは京都9R・10R、東京11Rですね。

京都9R
ヴンダーが人気になっている理由が全く分からない。
前走同条件で好走している馬を狙う。
単勝
6番ゲイリースティング 2000円
9番ワイルドスナイパー 1000円

京都10R
カネヒキリの持ち時計はかなり優秀ですね。圧勝もあるかも。
しかしタイムで言うと12番フォーカルフィギアもなかなかです。
単勝35倍なら買いでしょう。
あとはオープン経験でデイフラッシュくらいですか。
単勝
10番デイフラッシュ 1000円
12番フォーカルフィギア 1000円
・・・と言いたいところだが、ここの理論で述べたように3歳戦であることと25倍以上はなかなか来ないということを考慮して、ケンするべきなのでしょうね。
決めたことは守らないと!

東京11R
愛用のスクリーニングで1番人気ダンツキッチョウが残ってしまったので見送り。


ブログランキング

続きを読む

ブログでの競馬予想について2

前回触れたブログにおける予想のあり方について、
jagiさん、ジェニュインさんにコメントをいただきました。
ありがとうございました。
色々考えた結果、みなさんのおかげで1つの結論が出ました。

それは、軸馬を導く際にその軸馬が上位人気だとしたら、
それはどれだけ優れた予想であっても、ブログとしては周りと同じ意見になり、月並みなものになってしまうということです。

結局競馬をやっている人間は我々を含めて、低配当をいかに理論的に当てるかよりも、激走する穴馬をいかに理論的に導き出すかに興味があり、
それを満たしたブログが競馬予想という市場ニーズに合っているということです。

・・・ということで、天皇賞・春では穴馬ハイアーゲーム・チャクラに触れてみました。来るかどうかの保証はできませんが。
だから「穴馬」なのです(笑)

キーワードは「穴馬を理論的に見つける」
これを大切に、今後も続けていきたいと思います。
応援よろしくお願いします!


ブログランキング

天皇賞・春 もっと穴馬を!

天皇賞・春、もっと大穴を探すぞ!
ということで、埋もれた穴馬を何かしら理由をつけて救い出そうと思います。

一番気になるその馬の名前は・・・11番ハイアーゲーム!
7:41現在、単勝オッズ71.8倍。
大穴としては十分すぎるほどの数字である。

さてこの馬、今までの成績を考慮せず、血統背景だけを見ると
SS×ローソサイアティ と、マンハッタンカフェと同じ血統。
菊花賞の時はその血統背景が買われて3番人気11着。
今回はみんな血統背景には触れないのかな?

前走3000m級のレースを使っているのも好感。
馬は急激な距離変化に対応できないのである。

菊花賞のコーナー通過順は10-10-8-10
ダイヤモンドSは13-14-12-10
この馬は基本的に後ろから行く馬である。
たまたま展開が向かなかっただけかもしれない。
右回りが苦手と決め付けるのは早計かもしれない。

昨年のイングランディーレの大逃走劇が頭にこびりついている人は
どうしても意識が前残りに行きがちで、ビッグゴールドが残るかも・・・
とか考えている人もいるかもしれない。

だが、今年はヒシミラクルがいる。
この馬が3コーナーから仕掛けてくると、レースの流れはかなりきつくなる。
そんなときに台頭してくるのは、間違いなく後方待機の差し馬だ。
菊花賞:ファストタテヤマ 15-15-14-12
天皇賞:サンライズジェガー 14-14-13-12
宝塚記念:ツルマルボーイ 16-16-15-14
ほらね。

ハイアーゲームには十分チャンスがあるように見える。
同じ見解でチャクラも面白いですね。
ちなみにチャクラ?ハイアーゲームは553倍。
これらの穴馬、大万馬券のお供に、いかがですか・・・?

以上、人気の無い馬の擁護、終わり。


ブログランキング

ブログでの競馬予想について

天皇賞の予想を書いて、1つ思ったことがある。

平日にこのブログで競馬・馬券の考え方や理論を述べている時は非常に楽しい。
しかし週末、予想をこのブログに載せるにあたり、悩んでいるのだ。

例えば先にあげた天皇賞・春の予想。
◎ヒシミラクル
にしたとしようか。

この印だけを見たって、読んでいる人は「ふーん」と思うだけだろう。

ではちゃんと理由を書いてみようか。
ヒシミラクルを◎にした一番の理由は『天皇賞馬の格があること』。
これを読んでも「ふーん」と思われるだけだと思う。

例えばアンタレスSで最低人気のビッグウルフを軸の理由が
『ダートGI馬だから格が違う』と言われても、あまり説得力が無いでしょう?
それを見て、自分の買い目に入れようとは思わないでしょう?

結局、他人の競馬の予想は無機質なものなのだ。
だから印と馬の名前とレース結果だけを羅列するようなブログにはしたくない。
自分が面白くないんだから、読んでる人は絶対面白くないはずだ。

しかし、購入馬券を書いて理論の正当性を証明しないと、今までの理論など絵に書いたモチになる。
そこに矛盾と悩みを抱えているのである。

誰か、いい案はありませんか?
ぜひ皆さんの意見を聞きたいです。


ブログランキング

天皇賞・春の考察 Part2

私は2つ目のスクリーニングに、「競馬最強の法則」のメルマガについている小田原智大氏の傾向と対策を利用している。
かなりデキが良いので見ているだけでも面白い。

ちなみに、ここに過去のデータも掲載されています。

http://www.melma.com/mag/60/m00039760/a00000276.html

引用させてもらうと・・・(いいのかな・・・?)
春シーズンの古馬の頂上決戦。今年で130回を迎える。データは95年以降の過去10年を参考。過去10回で3着以内に好走した全30頭は以下のパターンにあてはまる。

1.同年の阪神大賞典で1着、
  かつ過去に芝2000?2500mの牡馬混合G1で1着
2.前年の有馬記念で3着以内、かつ過去に天皇賞(春)で1着
3.前走(同年)芝1800m以上の別定G2で1着を含み重賞で3戦連続連対中
4.前年のJCもしくは有馬記念で1着、
  かつ過去1年以内に芝3000m以上のG2以上で連対
5.前走(同年3月以降)芝・ダ2400m以上のG2で連対、
  かつ過去に古馬混合別定G2以上を含み芝2500m以上の重賞で2回以上連対
6.前年10月以降にOPクラスの京都芝3000mで連対、
  かつ芝3000m以上の古馬混合重賞で連対
7.過去に芝3000m以上のG1で1着
8.前年9月以降に芝2000m以上の牡馬混合G2以上で圧勝(0.5秒差)
9.前年10月以降に芝2500m以上の古馬牡馬混合G2以上で3着以内、
  かつ過去に古馬混合OPクラスの芝2400m以上で1着

これと前回の消去法を合わせると、(惜しい馬も合わせて)
ザッツザプレンティ
リンカーン
シルクフェイマス
ヒシミラクル
チャクラ
マイソールサウンド
が残る。
あとはオッズ次第で買い目と金額を決めていきたい。



ブログランキング

続きを読む

天皇賞・春の考察 Part1

私は常にレースにあたり、出走馬を2つのデータでフルイにかけている。
まずは消去法。

18頭を順に見ていこう。
ザッツザプレンティ:前走OP敗退は期待薄。GI馬の格で△
アクティブバイオ:8歳馬の活躍は期待できない。切り
アドマイヤグルーヴ:牝馬切り
トウショウナイト:重賞未勝利切り
ユキノサンロイヤル:8歳馬の活躍は期待できない。切り
リンカーン:○
シルクフェイマス:○
ヒシミラクル:○
チャクラ:○
スズカマンボ:前走OP敗退は期待薄。切り
ハイアーゲーム:右回り不得意なので切り。
マカイビーディーヴァ:牝馬切り
アイポッパー:重賞未勝利+藤田。切り。
サンライズペガサス:7歳馬の活躍は期待できない。距離も合わなそうで切り
マイソールサウンド:GI不安定も人気なさそうで△
ハーツクライ:○
ビッグゴールド:7歳馬の活躍は期待できない。切り
ブリットレーン:重賞未勝利切り

さて、この残った馬からさらにフルイにかけていくこととなる。
それは次回に。


ブログランキング

天皇賞・春 枠順確定

天皇賞・春の枠順が出ましたね。

1 ザッツザプレンティ 牡5 58kg 岩田康誠
2 アクティブバイオ 牡8 58kg 小牧太
3 アドマイヤグルーヴ 牝5 56kg 武豊
4 トウショウナイト 牡4 58kg 武士沢友治
5 ユキノサンロイヤル 牡8 58kg 小野次郎
6 リンカーン 牡5 58kg 福永祐一
7 シルクフェイマス 牡6 58kg 四位洋文
8 ヒシミラクル 牡6 58kg 角田晃一
9 チャクラ 牡5 58kg 後藤浩輝
10 スズカマンボ 牡4 58kg 安藤勝己
11 ハイアーゲーム 牡4 58kg 吉田豊
12 マカイビーディーヴァ 牝6 56kg G.ボス
13 アイポッパー 牡5 58kg 藤田伸二
14 サンライズペガサス 牡7 58kg 幸英明
15 マイソールサウンド 牡6 58kg 本田優
16 ハーツクライ 牡4 58kg 横山典弘
17 ビッグゴールド 牡7 58kg 和田竜二
18 ブリットレーン 牡6 58kg 吉田稔


最近の天皇賞・春は本当に難しいですね。
単勝派としては、単勝オッズが出てくれないと予想が始まらないので、
週末が待ち遠しいですね・・・

切り予定馬アイポッパー1番人気を激しく希望します!
いい穴馬が見つかりますように・・・


ブログランキング

新馬戦を買わない理由

私は新馬戦を買わない。
その理由は単純。
単勝を買うにも、勝つ馬が分からないからだ。

名前も知らなけりゃ、レースをしたことも無い。
そんな馬柱を見て私にどうしろというのだ。

私は外れても納得できる馬券を買うことを第一に考えている。
新馬戦は全くそのコンセプトに合致しない。

私は穴を買うことを強烈に進めているが、
なにもヤミクモに穴を買えと言っている訳ではない。

1番人気が勝ちきらないと考えたレースで、
何番人気だろうが勝つならこの馬だと自信を持って買うべきだと主張しているのだ。

そういう意味で、予想の出来ない新馬戦は宝くじと同じ。
運の要素が限りなく強いのである。
サイコロでも転がしている方がマシだ。


ブログランキング

競馬は多数決ではない

競馬は多数決ではない。
むしろ人の逆を行くことに勝利への道がある。
私は生まれもっての日本人気質だから、意識しないとすぐに多勢に流れてしまう。

たとえば単勝1倍台の大本命馬など、意識して切らないと切れないのだ。

私がいつも単勝1倍台の馬を『目をつぶって切る』という表現を使うのは、大本命が来たらしょうがない、エイヤ!と腹をくくって大本命を切っているからである。

競馬新聞で◎◎◎◎◎◎とずらりと並んだ馬を買いたくなってしまう人は多いだろう。
絶対に意識改革した方がいい。
大本命馬の出るレースは、その本命を切るか、そのレースを買わないかだ。

大本命馬を切ったら当たらないって?
その認識を改めてほしい。
強いから、連に絡むから大本命馬なのではない。
過剰に人気があるから大本命馬なのだ。

人気は着順を保証してくれない。
保証されてるのは、当たった時に低配当である事くらいか。

繰り返しになるが、
競馬は多数決ではないのだ。


ブログランキング

安易な1番人気はサラリーマンが作る!

我々サラリーマンの多くは月曜?金曜まで頑張って仕事をし、
貴重な土・日曜に打倒JRAに向けて燃えている。

そのサラリーマンが貴重な時間とお金を費やすのだから、
誰もに「外したくない」という気持ちが生まれて当然だ。
そして「外したくない」という気持ちは、
「皆が賭けてるから大丈夫そう・・・」という気持ちに流れやすい。

高校生クイズの第1問の訳わからん○×クイズを思い出してほしい。
少数派のグループに入ったら不安でしょう?
多数派グループに入りたくなるでしょう?
そっちの方が当たる気がするでしょう?
それと同じだ。

普段仕事で競馬に触れていない我々は、基本的に馬柱しか詳細な情報源がない。
同じような思考の人間が、同じ馬柱を見て予想をしたら、
大抵は1番人気にたどり着く。

馬柱を見て、自分が「来る!」と思った馬は、日本中のみんなも「来る!」と思っているのだ。
そうして安易な1番人気が形成される。

サラリーマンが馬柱を見ると、1番人気にたどり着く。
だから私は予想の際に、「まず馬柱を見る」ことはしないよう心がけている。


ブログランキング

アンタレスSの間違った買い目

アンタレスSで買い目を間違えて、最低人気のビッグウルフから馬単を買ってしまったと書きました。

ただ間違えただけではお金がもったいないので、
それを利用して、ちょっといい気分になりたいと思います。

ビッグウルフ→ブラックコンドル 4459.8倍×500円=222万9750円!
ビッグウルフ→オーガストバイオ 6468.2倍×500円=323万4100円!
ビッグウルフ→サカラート 2292.7倍×300円=68万7810円!
ビッグウルフ→ピットファイター 3098.2×200円 61万9740円!

もしビッグウルフが生涯最後の爆走をかましたら、
俺は大金持ちだぁぁぁぁーーーーーー!!!(そうでもないか)

あ?!1500円分くらいスッキリした。

でもホントのとこ、3コーナー手前くらいまでビッグウルフがいい位置を走ってる間、ちょっとだけ「もしかして・・・」とか思っちゃった自分がいます。

ぐはははは。じゅうぶんモトは取ったどーーーーー!!

ブログランキング

穴狙いの優位性

単複さんのコメントから、書きたいことを思いついたので、
ネタいただいちゃいます(*^ _ ^*)


競馬には不思議な傾向がある。
穴を狙っても本命を狙っても、的中率は2割ほどなのだ。

それなら、当たったときに配当が高い方がいい。
当たり前だ。
だから無理にでも穴を狙うべきなのだ。

「穴を狙って本命決着の場合もある。無理矢理穴を買うのはどうか」
という意見もあると思うが、
本命決着になると思ったら、そのレースを買わなければいいのである。

荒れると思って手を出したレースが本命で決着した場合、
そのときは潔く負けを認めればいいのだ。

本命狙いで負けるより、よっぽど面白い。
「競馬は荒れるものだ」という意識を常に持っておくことが、
勝つための秘訣である。


ブログランキング

天皇賞・春

そろそろ天皇賞の話をしないと時流に乗り遅れそうです。

天皇賞とは若干相性が悪い。
昨年はリンカーンとゼンノロブロイで悩みに悩んだ末にリンカーン軸の2着流しを決行。
イングランディーレ → リンカーンの馬単を買って悶死した。
イングランディーレ → ゼンノロブロイって756.5倍もついたんですよね。
悩まずに両方買っとけと。へぼい。

あれから1年、今年の面子はこれまた分からないメンツですね。
基本的には長距離を勝っているGI馬が圧倒的に強いレース。
そうでない馬が人気のときは波乱の要素が十分です。

今まで述べてきたとおり、長距離重賞で牝馬は買わないので、
アドマイヤグルーヴ
マカイビーディーヴァ
の2頭は絶対買わないし、来ても後悔しません。

あと、アイポッパーは人気になりそうだが、
藤田の方に長距離難があるので割引と思っています。
万葉Sはマグレとみます。

・・・まだこのくらいしか決まっていない!
こういうレースは普通ケンですよね。GIじゃなければ・・・
まだまだ競馬に対して非情になりきれていないですね。
修行が足りません。


ブログランキング

馬券力とは?

馬券力とは、「どの馬を買うか」ではない。
「どの馬券を買い、当たったときにいくら持っているか」だ。

予想は誰でも当たるときは当たるし、外れるときは外れる。
的中率などみんな大体2割くらいだ。
しかし、回収率は人によって大きく差が出る。
これこそが馬券力なのである。


ブログランキング

予想よりも金額配分が重要だ

競馬はゲームではない。博打だ。
博打で勝つための秘訣は、勝ったときに大きく張って、
負けるときは小さく負けることだ。
それしかない。

だから私は、買い目を決めるのは早いが、
購入金額を決めるのには非常に時間がかかる。

当たり前だ。
買い目がすぐに決まらないレースなど当たるわけが無いし、
当たった時に100円しか持っていなかったらお話にならないからだ。

だからこそ、購入金額は慎重に決めなければいけないのだ。


ブログランキング

単勝と馬単の使い分けの考察

前回、単勝魂なのに、馬単や馬連を期待値アップのために使いたいと書いた。
では、どうすれば期待値がアップするのだろうか。
公約どおり、考察を進める。

まずは簡単な馬単の考察から。
圧倒的1番人気の馬単1着付けは非常に効率が悪い。
なぜなら、馬連の配当とあまり変わらないからだ。
少なくとも2.0倍のパフォーマンスはない。
逆に圧倒的1番人気の2着付けならびに1番人気切りは非常に効率がよい。
うまくはまれば馬連の2.5倍?3.0倍のオッズとなる。
単勝を拡張したものが馬単。
1番人気をぶった切れるレースしか買わない単勝理論と相性がいいのは、馬連ではない。
間違いなく馬単だ。

そして前回触れたが、20倍以上の単勝などほとんど出ない。
繰り返しになるが、全体の15%程度だ。
それ以上の穴馬はほとんど2着まで。
先週でいえば、オーガストバイオもスターリーヘヴンもそれに該当する。
マイラーズCのプリサイスマシーンもそうでしたね。

そこで結論。
スクリーニングで残った単勝20倍以上の穴馬は少額単勝、あと2着付けで買った方が効率がいい!



ブログランキング

単勝と万馬券的中証明書

JRAのIPATで馬券を買って万馬券を当てると、万馬券的中証明書がもらえますよね。
でも、単勝派にはあまり縁がない話・・・
どれくらい縁がないかというと・・・

2001年?2004年の全ての重賞結果を調べたところ、以下の結果が出ました。
?優勝馬のうち85%が6番人気以内。
?単勝オッズのうち90%が25倍以内、85%が20倍以内、70%が10倍以内。

ほらね。
万馬券なんて雲の上の話・・・
30倍オーバーだって相当大変なんです。

今年はウイングランツとユキノサンロイヤルで2回30倍オーバーをゲットしてますが、それを証明するものがなーい!

JRAに告ぐ!
万馬券が飽和している今の時代だからこそ、
単勝30倍以上的中証明書を発行しなさい!


ブログランキング

フローラSと福島牝馬Sについて

せっかく3重賞もあったので、フローラSと福島牝馬Sについても一言。

フローラS ***********************************
まさか、大外枠・距離不安の2重苦1番人気だと思われたディアデラノビアが差しきってしまうとは思いませんでした。
手を出してたら間違いなく切ってたな。
アブネー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて、フローラSと似たようなレースがありましたね。
東京新聞杯のハットトリック。
直線中団伸びあぐねてもがいてる様子を見て「飛べ!」と手に汗握っていたのに、最後だけ点火して差してしまうというSSっぽい瞬発力競馬。
キネティクスの単勝16.6倍×1,000円が惜しくも2着馬券になってしまったことを思い出しました。

ああいうタイプはいつも差しきれるわけではないのに人気になるから、単勝人気吸収馬として、大事にしてあげないといけません。
オークスではちょっと買いにくいですね。

福島牝馬S ***********************************
友人からこんなメールが。

福島牝馬Sはスターリーヘヴンから馬連。始めチアフルスマイル軸にしようかと思ったけど、去年のユートピアSでチアフルにスターリー圧勝してるくせにチアフル1番人気で、スターリー14番人気。ありえねー!ってわけでスターリーから手広く買いまくり。全部万馬券。ぐへへへっへへへっへへ!!!
福島(日) 11R 馬 連  07?11 1,000円
福島(日) 11R 馬 連 ながし 軸馬:07 相手:08,09,10,12 各500円(計2,000円)
福島(日) 11R 馬 連 ながし 軸馬:07 相手:03,05,06,14,16 各200円(計1,000円)

177.7倍×500円=88,850円!!!!!!!
うーむ、すごい&うらやましい。
こちとらスターリーヘヴンのレースっぷり、全然覚えて無かったよ。
こういう縦のレース比較+横のオッズ比較で期待値の高いほうを選ぶという戦略は、参考にしないといけませんね。
メイショウオスカル、前走の中山牝馬Sで買った単勝20.7倍×1,000円が惜しくも2着だったことを思い出しました。

・・・2着ばっかだな。センスねぇえええええ!!!!



ブログランキング

アンタレスSを終えて・・・

アンタレスS、タテメ万馬券くらいましたね・・・
って、単勝派にタテメなどという言葉などあってはならないだろ!

どうもマイラーズCで馬単成功してからちょっと欲が出てきてしまっているのが自分でもわかります。
反省・・・
来週からは気持ちを切り替えて、きちんと単勝論ありきで狙っていくことを誓います。

ただ、単勝は中心にするけれども、馬連や馬単を期待値UPのために使用するということはご了承ください・・・
このあたりの馬券の切り分けは、追って解析していこうと考えています。

では本論に。
まず、今回ヒシアトラスが1番人気だった段階で、ヒシアトラスから馬単を買うのではなく、購入を見合わせるべきでありました。
もしくはヒシアトラスがいないものとして、ヒモとして選んだ数頭の単勝を買うべきでした。
出かける直前で時間が無く、考える時間が無かったとはいえ、私の買った馬券はあまりにも中途半端で、負けろといわんばかりのものでした。
この点は素直に反省し、次回からの馬券構成に活かしていきたいです。

それにしても5番のヒシアトラスと4番のビッグウルフ(なんと最低人気!)を間違えるなら、6番にピットファイターと間違えろよと。
そしたらなんと270.9倍×500円=135,450円!!!!

つくづく運がないですな(涙)







ブログランキング

アンタレスS買い目2

あべし!
出かける前で焦って買ったら
馬単の買い目、ヒシとビッグウルフ間違えてやがる!

ヒシ→ブラコン・オーガストだけ買いなおしました・・・

久しぶりにこんなことやったよ。

ブログランキング

アンタレスS買い目

アンタレスS、本来なら
ヒシアトラス 2000円
エンシェントヒル 1000円
という買い目にしようと思っていましたが、
ヒシアトラスが1番人気なので悩んでいました。

しかし、馬単だとオッズがかなりつくので、
同じ資金配分で期待値の高いほうにシフトします。

単勝
エンシェントヒル 1000円

馬連
ヒシ?エンシェント 500円
馬単
ヒシ→ブラックコンドル 500円
   オーガストバイオ 500円
   サカラート 300円
   ピットファイター 200円

朝7時時点なんで、オッズは書くのやめときます。
サイレンスボーイは前3走1600m以下を使っているので、切ってみました。

ブログランキング

アンタレスS

明日は家族サービスでイチゴ狩りにお出掛け。
今日のうちに馬券を買っておかなければなりません。
まあ、そんなときほど当たったり・・・してほしい!

明日の狙い目は従来の宣言通り、古馬牡馬混合重賞アンタレスS。
京都ダ1800mは、コース経験が大きくモノを言うコース。
経験が無い馬が人気だったりすると切りやすいんですよね。

スクリーニング結果、16頭から残った馬は6頭。
1着候補
・ヒシアトラス
・エンシェントヒル

2、3着候補
・サカラート
・オーガストバイオ
・ピットファイター
・ブラックコンドル

この中から京都経験等を踏まえて買い目を選定していくのですが・・・
前日時点でヒシアトラス1.6倍!?
おいおいおい。
4倍くらいついたら1点かなーと思っていたが、厳しいな。

エンシェントヒルは牝馬だし、買いにくいレースになってしまったなぁ。
今のオッズと相談して、切るかどうか検討します・・・




ブログランキング

4/24今日の結果

今日は東京9Rを計らずもスルーしてしまったこともあり、
全レースをケンしてしまいました。

一応ケン宣言した東京12Rと京都11Rはともに1番人気が勝ちましたが、
1番人気が飛ぶと宣言した東京9Rと京都10Rも、もし賭けてても外れてましたね。
競馬は本当に難しいです・・・



ブログランキング
プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。