スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

ペースについて

前回述べた「ペース」について、たまひよさんからコメントいただきましたので、触れてみたいと思います。

たまひよさんからいただいたコメントは、要約すると
「ペースを考える時、ハイペースに強い逃げ馬や、スローペースに強い追い込み馬がいて迷う」
というもの。

まずは、そのような逆転脚質を持った馬がどのくらいいるのか?
条件馬でもGI馬でもいいから、紙に書き出してみてください。
思うに、そのような脚質の馬は、自分が思っているほど多くはないことに気づくはずです。
その馬をデータベース化していき、その馬が出走してきた場合だけ注意をしておけばいいのです。

私が考えるハイペースに強い逃げ馬はサイレンススズカやタップダンスシチー、スローペースに強い追い込み馬はデュランダルかな・・・?
まあ、逆転脚質を持った馬というのは、往々にしてどのペースに強いとかではなく、そもそも強いのである。
そういう馬が出ているレースは、別に見送りでもいいのである。


しかし、GIとかだと見送りたくない!という気持ちもありますので、購入する場合をシミュレートしてみます。
この場合は2通りに分けて考えなければなりません。
以下、順を追って考察してみたいと思います。

【パターン1】ハイペースに強い逃げ馬
さて、ハイペースに強い逃げ馬がいる時に迷う状況とは、
1.そのレースがハイペースになると予想し、
2.さらにその逃げ馬が人気だという場合です。
(人気がないなら買えばいいから)

この場合、多くの場合その逃げ馬が押し切ってしまうと思います。
なぜなら逃げ馬は自分でペースを作り出すことができ、そのペースは他の馬にはハイペースでもその馬にとっては一番いいペースだからです。
よって基本的にはケンですが、どうしても買うならこの馬からだと思います。
私が宝塚記念を見送ったのも、この理由からです。


【パターン2】スローペースに強い追い込み馬
次に、スローペースに強い追い込み馬がいる時に迷う状況とは、
1.そのレースがスローペースになると予想し、
2.さらにその追い込み馬が人気だという場合です。
(パターン1と同様に、人気がないなら買えばいいから)

この場合、追い込み馬が2?3着に取りこぼすことも十分に考えられます。
ペースを自分で作り出せないことと、スローペースに乗じて前々で残ってしまう馬の存在を否定できません。
また、追い込み馬が人気ということは、仕掛けが遅れてさらに前が残る可能性が高まります。
よって、スローペースに強い追い込み馬がいる場合、
基本通りこの馬を切って攻める方が、期待値が高まると考えられます。

さて、どんなもんでしょうか・・・?


競馬攻略の糸口はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング
スポンサーサイト

ペースの定義

前回、ハイペースとかスローペースという表現を使った。
これは競馬をしている人なら、ごく普通に使用する言葉である。

では、ペースの定義とは何なのか?
1000m通過が何秒だったらハイペース?何秒だったらスロー?

おそらくそんなにデジタル的に区切れる種類のものではないはずだ。

そこで、逆の発想をしてみたい。
逃げ・先行馬が壊滅したレースが、「結果的ハイペース」なレース
逃げ・先行馬が上位を占めたレースが、「結果的スローペース」なレース
と定義できないだろうか。

端的に言えば、結果的に前に行った馬は有利だったのか不利だったのか。
非常にアナログ的ではあるが、馬券検討においては、1000m通過何秒・・・といったデジタル的ファクターよりも、断然使えると思う。

ちなみに宝塚記念も、1000m通過は60秒くらいだったと思うが、
この数字はGIでは、そこまで速いペースでは無いと思う。
だが、結果的にはハイペースだった。

わからんもんだ。


夏競馬に向けて加速! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

馬券購入マイルール-其の3-

さて、これまでレースを選定するためのマイルール、考え方を述べてきました。
これからは選定したレースにおいて、どのような基準で馬を取捨選択していくべきかを詰めていきたいと思います。

単勝を狙うには、人気を落とした馬を狙わなくてはいけない。
そうすると、大抵前走負けている馬を買うことになるのだが、
その負け方に注目しようというのが今回からの主旨。

今までの馬券購入マイルールはこちら
・其の1:単勝で穴を狙いすぎるな
・其の2:着順ではなく、着差を見る

--------------------------------------------
さて、馬券購入マイルール-其の3-
着差にペースを絡めて考える

ハイペースで逃げて1着と0.5着の5着に残った馬と、それを追い込んできて1着と0.2秒差の2着だった馬。
どちらが強いのか、そしてどちらが人気になるのか?

どちらが強いのかはこの時点では断定できないけれども、大抵人気になるのは後者だ。
しかし、前者はペースが緩くなったり、先行有利の競馬場だったら十分勝ち負けになると見る。

ここで単勝を買うべき馬は間違いなく前者だ。
ただ、またハイペースになるかもしれない・・・と見るなら、あえてそのレースを買うことはないが。

しかし、スローペース症候群と称される昨今の競馬を見る限り、そうそうハイペースのレースは無い。
そう考えれば、前走ハイペースで逃げてそこそこ踏ん張った馬というのは穴馬の1つの形と言えるだろう。


穴馬満載!? ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

馬券購入マイルール-其の2-

さて、これまでレースを選定するためのマイルール、考え方を述べてきました。
これからは選定したレースにおいて、どのような基準で馬を取捨選択していくべきかを詰めていきたいと思います。

単勝を狙うには、人気を落とした馬を狙わなくてはいけない。
そうすると、大抵前走負けている馬を買うことになるのだが、
その負け方に注目しようというのが今回からの主旨。

今までの馬券購入マイルールはこちら
・其の1:単勝で穴を狙いすぎるな

--------------------------------------------
さて、馬券購入マイルール-其の2-
着順ではなく、着差を見る

当たり前だ、と思う人は多いかもしれない。
しかし、この当たり前の事が全然反映されないのがオッズの不思議なところである。

1番多いケースは
1着馬が5馬身差の圧勝、2?5着がハナハナクビ差というレースの2?5着馬がそろって次走同じレースに出てきたときに、
前走2着馬が1.5倍の1番人気、5着馬が7.0倍の4番人気・・・というケース。
これは本当に多いですね。

また、先日の木曽川特別のダイタクアルビンのように、前走1着なのに人気にならず、同レースで2着だった馬の方が1番人気になるという逆転現象が起こるレースもある。

また以前も述べたが、前走2着というだけの人気馬は本当に多い。
どちらにせよ、着順に惑わされず、しっかりと着差を見ることが大切だ。


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

6/26(日)結果!

まずは大荒れ宝塚記念。
タップが軽く勝っちゃうと思って手を出さなかったが、まさかの結果。

私の思考回路では、スイープトウショウの単は絶対取れないので、
理由はどうあれ、見送りは正解でした。

そして、津軽海峡特別・・・
まず一言いいたい。「TVでレースやれよ!」
すんごく損した気分になりました。

あとで直線だけTVに映されましたが、スーパーチャンス2着・・・
1番人気が1着なだけに、レースの選定に問題があったのですが・・・

昨日もトウカイトリックにやられてしまいましたが、
この時期の斤量軽い昇級3歳馬と古馬の比較って難しいですね。
1つ課題だなと感じました。

また、今回の購入馬と1番人気と結んだ結果が
馬連:1470円、馬単:2380円。

ガッツリ攻めるべきか、リスクヘッジを考えるべきか。
こうしたスタイルも1つ自分で決めていきたいですね。

競馬って面白いですね!


井崎先生はすごいですね ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

津軽海峡特別予想!

宝塚記念はタップダンスシチーがあっさり勝ちそうなので見送り。
津軽海峡特別に絞ります。

1番人気ブレイクオブドーンは昇級初戦・休み明け。
またしても54kgという斤量がハラたつが、切り。
こいつを切るところから始めます。


2番人気:ビッグクラウン
函館巧者、降級馬だが、勝ち上がり時より鞍上劣化。

3番人気:マチカネウソブキ
1000万条件で好走組。
しかし、脚質が追込脚質。
他の馬と比べて若干不利かも。

4番人気:スーパーブレーブ
休み明けも、1000万条件好走、先行脚質は好感。
函館の藤田もいい感じ。

5番人気:スーパーチャンス
大きく負けているのはほとんど芝。
好走歴を見れば、チャンスはある。

1番人気が飛ぶとしたら、この2?5番人気で十分だと思われる。
来る確率が同じくらいと考えているなら、オッズが高いほうがいいので、
4、5番人気を狙うかな。

スーパーブレーブ:単勝7.4倍×2000円
スーパーチャンス:単勝9.3倍×1000円で。


宝塚記念の予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

6/27(日)今日のレース選択

オッズが出ましたが・・・
今日は1本かぶりレースが少ないですね。

阪神11R:宝塚記念
函館11R:津軽海峡特別

この2つから選んでいきたいと思います。


宝塚記念の予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

潮騒特別結果

潮騒特別を見送って外出。

家に帰ってみたら、ミスターケビン余裕で勝ってるじゃないですか!

もし家にいて手を出してたら、ミスターケビン飛ぶと思ってたので、
余裕で外してました。

リズムって大切ですね。

さあ、明日も頑張ります!


明日の予想はこちらから ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

ストークステークス結果!

ありゃ、タニノマティーニ勝ちましたか。
9.4倍かぁ。残念。

まあ、これはしょうがないですね。
怪我をしなかっただけで良しとしましょう。

レース選定眼と勝ち馬選定眼。
この2つがうまくシンクロしないと勝てないのが競馬。
これからも精進します!

ちなみに、本日グレイトジャーニーは、私の中で一生買わない馬になりました。これからは盲目的に切り続けます!

こういうチグハグな日は、これ以上突っ込むのが危険な気がします。
函館12Rに手を出すの、やめときます。短距離ですしね。
ミスターケビン、ぱっと見た感じ飛びそうですけどね。

ま、今日はここまで!

メインの予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

京橋特別結果!

うおおお・・・
1.6倍のロングアライブが飛んだのに取れないのは悔しい!
まあ、昇級初戦は買わないのでやむなし。
やはりハンデ52kgというのはでかいようです。
しっかりと覚えておきます。

シルクディレクターは夏に調子を上げるタイプの方だったようです(笑)
こっち買ってたら相当悶えてたな(笑)

まあ、ハンデ戦ということで、あまり金額を突っ込んでいなくて助かりました。

しかし、レース選定力は徐々に育ってきた!
次は購入馬選定力だ!
・・・こいつも大きな壁ですね。
頑張ります!!!!


メインの予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

ストークステークス予想!

1番人気はグレイトジャーニー。
シンザン記念勝って以来勝ち星が無いが、今回脚質・枠・鞍上ともに好条件。
他の馬がまた1枚格下っぽく見えるが・・・
私の中で、この馬は即切り馬というイメージがあったのが、ちょっと弱気。


2番人気:サクセスドマーニ
前走9番人気での勝利は、府中+デザーモという最高の条件ではなかったか。
2番人気はやりすぎだ。切り。

3番人気:レンドフェリーチェ
1600mの人気牝馬!(゚∀゚)切り!

4番人気:タニノマティーニ
使ってきた距離が若干短い。少々不安。
無理に買うならこいつなのだが・・・

5番人気:エリモハリアー
1600万条件でも、そこそこ好走。
最近は後方からでなくても大丈夫になり、好印象。
騎手がイヤだが・・・
阪神(0,0,0,3)がもっとイヤ。

6番人気:ファイトクラブ
むらさき賞の3着好走が人気に影響しているのだろうか。
もう勝ちきるだけの力がなさそうな馬

7番人気:スパルタクス
けっこう好きな馬だったのだが・・・勝ちきらないだろうなぁ。

こんなところでしょうか。

どうも自分の中でグレイトジャーニーが1番強いメンツ構成に見えてしまっているのでこのレースはケン。
競馬は無理に捻出した穴馬が簡単にくるほど甘くない!


メインの予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

京橋特別予想!

1本かぶり1番人気はロングアライブ。
1000万条件で2戦して2着、4着。
ただ、この馬の戦績をよく見ると、ほとんどが後方一気。
2走前に中舘が乗って先行したっきり。さすが中舘(笑)

前走の4着も府中という舞台設定が功を奏したと考えれば、
いくら武豊でも、「追込んできて2着」と取りこぼす可能性は十分にありうる。

しかも相当長い間500万条件にいたようで、すんなり1000万条件をクリアできるとは思えない。
こいつを切るところから予想してみます!

2番人気:ドルチェリモーネ
2000mの人気牝馬!切り(゚∀゚)!!!!

3番人気:トウカイトリック
昇級初戦の人気馬!
52kgなのがちょっと気になるけど、芹沢と相殺で切り!

4番人気:インパルスシチー
現級勝ちもあるし、先行脚質は好ましい。
上位の中では一番マシなように思う。

5番人気:シルクディレクター
1600万からの降級馬。
最近調子悪かったが、良績が夏に集中するタイプ?
・・・いや、右回り(0,0,0,5)をみると、府中・新潟でしか走らないタイプか。
一瞬買いそうになった。切りの方向で。

6番人気:アクトナチュラリー
こいつは1000万を何戦走ってるんだ?
数えるのめんどくさいので途中でやめてしまった・・・
好走はするが、1着にならないクラス常連タイプそのもの。
単勝的には切り。

あとの馬は勝たないと思うので、以上で。

インパルスシチー 単勝:1000円

あと、単勝⇒3連単の理論拡張を目指して、
インパルスシチー

ロングアライブ

ドルチェ・トウカイ・シルク・アクト・マーブル
を100円ずつ、500円だけ買ってみようかな。
少額で体感することが大事だと。


メインの予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

6/25(土)1本かぶりレース

さあ、いよいよオッズが出ましたね。

今日の1000万条件以上の1本かぶりレースは
阪神10R:京橋特別
阪神11R:ストークステークス
函館12R:潮騒特別
ですね。

この3レースから、1番人気が飛びそうなレースに絞って予想していきます。


メイン予想はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

レース選定マイルール-其の8-

続いてレース選定考察を進めていきたいと思う。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・其の4:休養明けの馬が過剰人気のレースを買う
・其の5:血統的に切れる馬が過剰人気のレースを買う
・其の6:後方一気の馬が過剰人気になっているレースを買う
・其の7:勝てない騎手なのに過剰人気馬がいるレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、そろそろ大詰め、レース選定マイルール-其の8-
できれば短距離戦よりは、中・長距離戦を狙いたい。

短距離戦と中・長距離戦は、どちらが荒れると思いますか?
感覚的ですが、私は中・長距離戦の方が荒れる気がします。

短距離は有力馬が出遅れたらそれでおしまいだ、という意見もあるでしょうが、いつも有力馬の出遅れに期待しているわけにもいきません。
それにそのようなアクシデントが無くても、中・長距離の方が1着がぶれやすい気がします。

1200mはペース配分を考えず、ただ初めから最後まで全力で走っても息がもってしまう距離。
これは単純に足が速い者が勝つ、ということ。
カールルイスとベンジョンソンとその他数名で100mを走った時、力のある2人がワンツーするようなものかと。

では、カールルイスとベンジョンソンとその他数名で400m、800m、1500mを走ったらどうだろうか?
想像でしかないが、きっとワンツーフィニッシュはしないだろう。

なにせ距離が長くなると、道中のペース配分が重要となる。
全力で飛ばすだけではダメだということだ。
そうなれば、「最初から最後まで全力勝負」では勝てなかった格下馬にチャンスが生まれる。
そしてそれは、紛れを生みだし、実力馬が実力を出し切れない環境が出来上がる。

・・・でもこれって、きっと未勝利戦とか500万条件の下級条件において、より顕著な傾向なんだろうな・・・


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

レース選定マイルール-其の7-

続いてレース選定考察を進めていきたいと思う。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・其の4:休養明けの馬が過剰人気のレースを買う
・其の5:血統的に切れる馬が過剰人気のレースを買う
・其の6:後方一気の馬が過剰人気になっているレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、レース選定マイルール-其の7-
勝てない騎手が過剰人気になっているレースを買う

昨今の中央競馬において、勝ち鞍は一部の騎手に偏っていると言っても過言ではない。
気付けば武豊が1日6勝とかしてるし、ちょっと武が調子悪いなーと思ったら、アンカツとかデムーロとかデザーモが勝ちをさらう。
中堅どころで横山典とか蝦名とか藤田とかいるけど、
じゃあそれ以外の騎手はどうしてるのよ、と。

顔とかわからない騎手も多いし。
・・・って、それは私が知らないだけか(笑)

だが、勝てない騎手の単勝を買うのは、
それだけでハナっから低い確率に賭けているようなものだ。

新人騎手とかランキング下位の騎手の単勝とるのは、
万馬券とるより難しいんじゃないか?

あと以前から述べているが、メインで柴田善は絶対買わない。
これも感覚的だと言われるかもしれないが、
来ないと思ってるのだから仕方ない。
「メイン・柴田善・1番人気」が揃ったレースは、間違いなく勝負レースである!
人気にもなる騎手だし、早く回復してもらいたいものです。

そう、騎手は買う馬を選ぶためのファクターではない。
切る馬を選ぶためのファクターなのである。



すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

レース選定マイルール-其の6-

続いてレース選定考察を進めていきたいと思う。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・其の4:休養明けの馬が過剰人気のレースを買う
・其の5:血統的に切れる馬が過剰人気のレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、レース選定マイルール-其の6-
後方一気の馬が過剰人気になっているレースを買う

私は逃げ・先行馬が大好きだ。
とりあえず終始最後方のまま・・・
ということがないから少なからず楽しめるし(笑)

だが、それだけの理由ではない。
近代競馬における「先行抜け出し最強論」を信じている。

それはなぜか?
最初にハイペースで飛ばしすぎたら後でバテるってのは十分理解できるのだが、逆の「後方で脚を溜める」という意味が理解できないのだ。
金は貯めたら貯めた分だけ使えるが、脚って溜めた分だけ使えるのか?

そもそもハイペースのレースってそんなにあるのか?
ハイペースで縦長の隊形になったからといって、100%前が潰れるのか?
ペース次第ということは、展開が向かなかったら勝てないんじゃないか?
・・・と後方一気の人気馬には、色々疑問がわいてくるワケなのです。

小学生の時の1500m走とか思い出します。
強いヤツは自然と前に行って、そのままいい着順とっちゃうんだよね。
後ろにいる軍団は、大体そのまま・・・

競馬だってきっと一緒。
直線に向いた時に、ゴールに近い方が有利に決まってる。

私は4コーナーまでの位置取りが13-13-10のように2桁が並んでいる馬はそれだけで切る。
分かりやすくていいですよ(笑)

そうそう、これも忘れてはいけない。
波乱の主役は大抵逃げ馬だ。
スプリンターズSのダイタクヤマト
天皇賞・春のイングランディーレ、ビッグゴールド
皐月賞のダイワメジャー
阪神大賞典のマイソールサウンド・・・
挙げ出すときりが無いからこの辺にしとくが、
人気薄馬が実力馬に勝とうと思ったら、実力馬より前にいないといけないのだ!

また、人気薄の追込馬はなかなか狙って買いにくいが、人気薄の逃げ馬はまだ狙って買いやすいことも付け加えておきます。


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

レース選定マイルール-其の5-

続いてレース選定考察を進めていきたいと思います。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・其の4:休養明けの馬が過剰人気のレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、レース選定マイルール-其の5-
切れる血統の馬が過剰人気のレースを買う

同じレースは基本的に毎年同じ条件で同時期に開催される。
そうした各レースにおいて、1番人気を血統的に切れる傾向がある場合があります。

最近の例で顕著なのは安田記念とエプソムC。
どちらもサンデーサイレンス産駒が来ない典型的なレースでしたが、
案の定05年エプソムCではダントツ人気のサイレントディール飛びましたし、
05年安田記念でもダイワメジャーやアドマイヤマックス、ダンスインザムードあたりがサクっと飛びましたね。

特にエプソムC、残念ながら馬券は外してしまいましたが、
私がこのレースでまずやったのがサンデーサイレンス産駒切り。
検討対象馬が、一気に5頭減りました。
好走するなら・・・ではなく、こと「勝つ=1着をとるなら・・・」という観点では、こういった血統的傾向は非常に役立ちます。


他の例も挙げてみましょう。
府中のトニービンが強いのは有名ですが、逆に切れるのが府中以外のトニービン。
私は府中以外のGIでトニービン産駒は絶対買わないので、
いくら人気になろうが秋のマイルCSでテレグノシスの単勝や一着付けの馬券は買わないでしょう。

あと、GI勝ちきれない産駒の代表として、フジキセキ産駒も何かがGI勝つまではGIでは買わないつもり。
サッカーボーイは京都の長距離で要注意だが、中山や府中では買いにくい。

私は血統にはあんまり詳しくないけど、これくらいの種牡馬なら分かる。
たまには勝たれるかもしれませんが、こういう視点も面白いもんです。


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

レース選定マイルール-其の4-

さっそくだが、先週のレース結果の反省とともに、
レース選定マイルールを進めていきたいと思う。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、レース選定マイルール-其の4-
休養明けの馬が過剰人気のレースを買う

我々人間は長い休みを挟んだ後は、なかなか勘が取り戻せない。
馬も同じなんじゃなかろうか?
・・・というのは想像に過ぎないのだが(笑)

しかし普通に考えて、長い休みの後に100%力を出しきれるとは思えない。
・使いつつ良くなってきている
・叩き2走目で変わり身期待
とは、本当によく聞くフレーズである。
「叩き2走目」って、1走目はなんだったの?と聞きたい。

条件戦では、長い休養明けでも力の差でねじふせてしまう馬もいるかもしれないが、重賞だと大抵ぶっ飛ぶと考えていい。

それなのに圧倒的人気になる馬のなんと多いことか!
特に藤沢和の休み明けは要注意。
人気あろうがなかろうが、大体切って問題ない。
条件馬なんかだと、レースを調教がわりに使ってるんじゃなかろうか・・・
なんて考えている。

最近だと05年京王杯のダンスインザムード、
少々前だと、02年宝塚記念のシンボリクリスエス。

まあ、シンボリクリスエスは歴史的名馬だったので、その後の天皇賞秋を休養明けで圧勝しているが、そんな馬でも休養明けだとぶっ飛ぶことがあるんだ、と考えた方が正しいかと。

当然、みんながみんな、シンボリクリスエスのように強い馬ではないということが大前提。

藤沢和厩舎は過剰人気になりがちな厩舎だし、ネームバリューのある馬も揃ってるから、それだけでも馬券作戦として成り立つかもしれませんね。

あと、【なんちゃって血統理論】のネボケガオさんよりいただいたコメントから抜粋なのですが、
「休み明けのサンデーは来ない」の法則もあるようですね。
こちらは私自身はあまり気にしたことが無かったのですが、以後気をつけて見てみます!

とか言ってる矢先に、来週宝塚記念でゼンノロブロイが出てきますね。
マイルール通り、飛んでくれるでしょうか?
・・・って、ゼンノロブロイはすでに歴史的名馬ですが(笑)


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

6/19(日)を振り返って・・・

いやー、今日は朝の段階では1本かぶりレースが少なかったのですが、
さすがにレース前には1本かぶり馬が多く出現していましたね。

それにしても今日は単勝1倍台の馬が勝ちまくってましたね。
手を出してたら、間違いなく全負けぶっこいてました。
改めて、レース選定とケンの重要性を実感した日となりました。

最近は馬券購入そのものより、レース選定そのものが面白い!
選定レースで1番人気が飛べばすごく楽しいし、
買わなかったレースで1番人気が勝つと、これまたすごく嬉しい(笑)

これをいかに馬券に結び付けていくか・・・
競馬って、本当に奥が深くて楽しいですね!


土日の結果はこちらで・・・ ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング

6/19(日)レース選定

さあ、昨日の勢いをかって、今日も的中目指すぜ!
と思っていたら、オッズ見てショック!

1本かぶりレースが阪神10R鷹取特別しかない!
しかも降級+武豊ぁぁああああ!!!

飛ぶかもしれないけど、あえてここで勝負することもないかと。

今週唯一の重賞プロキオンSなんて、混戦すぎて買えないし。
今までのレース選定マイルールをいきなり破るなんて出来ない!
…ですよね(笑)

今日はケンかな・・・
勝つために1番大事なのは「レースを見送る勇気」!!!
買い方に合ったレースだけに賭けるのだ!!!

プロキオンSの予想はこちらで… ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング



ブログランキング

6/18(土)の買い目&結果!

函館11R:TVh賞
マキシマムスピード:単勝5.0倍×1000円
アドマイヤドレス:単勝21.4倍×1000円
ナチュラルリーダー:単勝17.8倍×300円tekichu.gif
ヤマニンデュエル:単勝64.3倍×200円

たとえ少額でも、久々の的中うれしい!
みなさんのおかげです!お祝いのぽちっ!banner_02.gif

-----------------------------------
福島11R:さくらんぼ特別
ローランジェネルー:単勝5.8倍×2000円
マイネルアルビオン:単勝3.5倍×1000円
ダリオ:パドックが悪かったので切り!


いやー、突っ込むレースを間違えました。
とりあえずチャラということで、ほっとしています。
TVh杯の方は馬連でも当たってたっぽいですが、
全然配当つきませんでしたね・・・


他のブログはどうだったんだろ?
強者ぞろいのブログランキングへ
みんなサラっと当ててるんだろうなぁ・・・




ブログランキング

TVh杯予想!!!

続いて函館11R、TVh杯の予想をします。
どうぞー!


続きはこちらを押してから

banner_02.gif

ブログランキング

続きを読む

さくらんぼ特別予想!

さくらんぼ特別の予想をしました。
当たれ?!!!!


続きはこちらを押してから

banner_02.gif

ブログランキング

続きを読む

6/18(土)の選定レース!

さあ、いよいよオッズが出ましたね!

今日は1本かぶりのレースが多くて、とても嬉しい!
と思いきや・・・
ほとんどが500万条件じゃないか!!!

レース選定マイルールにより、レースは以下の2つに絞られました。


続きはこちらを押してから

banner_02.gif

ブログランキング

続きを読む

馬券購入マイルール -其の1-

エプソムC、ようやく録画を見ました。
サイレントディールがしっかり飛んでくれたのに、馬券は外れ(´д`)

最近選ぶレースは、大体1番人気が飛んでくれるようになったが、
それなのに当たらないのは、ゆゆしき事態である。

そこで、レース選定マイルールは続けながら、その他に、
馬券購入マイルールというのを作って検証をしてみる。

-----------------------------------
さて、当たらないのは何故なのか?
エプソムCが外れた直後にピンときた。

穴を狙いすぎているのである!!!

私は常々「穴を買わなければ競馬は勝てない」と言っている。
それなのに矛盾?と思われるかもしれない。

要はこういうことである。
私がエプソムCで買った単勝オッズは24.5倍、33.3倍、52.0倍。
「来る」と思ったのだから仕方ないが、「狙いすぎ」の感も強い。

50倍の単勝とかスパッと当てたら気持ちいいだろうが、
現実はそんなに甘くないということだ。

私が言う「穴を買う」は、「とんでもない馬を買う」ではなく、
エプソムCで言うと「サイレントディールを買わない」と同義だったのだ。

なんか自分でカン違いしていたような気がする。


過去の重賞509レース分の単勝結果を調べてみた。
tanshoodds.gif

単勝で勝つためにはオッズの歪みをつかなければいけないが、
単純確率で言っても、単勝1倍台の馬が勝つ確率は大体40?50%。
残りの50%のレースを狙って買えばよかった。

しかし単勝20倍以上で決まるレースとなると、出現確率だけで全体の15%。
当然それには単勝万馬券など、手の届かない馬券も含まれるので、
当たる確率となると、半分とみても7.5%。
相当分の悪い勝負をしていたように思う。

逆にいえば、単勝20倍以下の馬だけ買えば85%の確率で当たるということだ。
当然、「狙っている馬が19.9倍なら買うが20.1倍なら切る」といった
愚かなデジタル派になるつもりは毛頭ない。

ただ、これを1つの基準にすることにより、めちゃくちゃな馬券を買わないよう、自分自身を抑制できるのでは・・・と考えるのである。

馬券購入マイルール:穴を狙いすぎるな!
これに関してはもうちょっと深く検証してみたいので、
次回以降に続く・・・


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング
プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。