スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

レース選定マイルール-其の4-

さっそくだが、先週のレース結果の反省とともに、
レース選定マイルールを進めていきたいと思う。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、レース選定マイルール-其の4-
休養明けの馬が過剰人気のレースを買う

我々人間は長い休みを挟んだ後は、なかなか勘が取り戻せない。
馬も同じなんじゃなかろうか?
・・・というのは想像に過ぎないのだが(笑)

しかし普通に考えて、長い休みの後に100%力を出しきれるとは思えない。
・使いつつ良くなってきている
・叩き2走目で変わり身期待
とは、本当によく聞くフレーズである。
「叩き2走目」って、1走目はなんだったの?と聞きたい。

条件戦では、長い休養明けでも力の差でねじふせてしまう馬もいるかもしれないが、重賞だと大抵ぶっ飛ぶと考えていい。

それなのに圧倒的人気になる馬のなんと多いことか!
特に藤沢和の休み明けは要注意。
人気あろうがなかろうが、大体切って問題ない。
条件馬なんかだと、レースを調教がわりに使ってるんじゃなかろうか・・・
なんて考えている。

最近だと05年京王杯のダンスインザムード、
少々前だと、02年宝塚記念のシンボリクリスエス。

まあ、シンボリクリスエスは歴史的名馬だったので、その後の天皇賞秋を休養明けで圧勝しているが、そんな馬でも休養明けだとぶっ飛ぶことがあるんだ、と考えた方が正しいかと。

当然、みんながみんな、シンボリクリスエスのように強い馬ではないということが大前提。

藤沢和厩舎は過剰人気になりがちな厩舎だし、ネームバリューのある馬も揃ってるから、それだけでも馬券作戦として成り立つかもしれませんね。

あと、【なんちゃって血統理論】のネボケガオさんよりいただいたコメントから抜粋なのですが、
「休み明けのサンデーは来ない」の法則もあるようですね。
こちらは私自身はあまり気にしたことが無かったのですが、以後気をつけて見てみます!

とか言ってる矢先に、来週宝塚記念でゼンノロブロイが出てきますね。
マイルール通り、飛んでくれるでしょうか?
・・・って、ゼンノロブロイはすでに歴史的名馬ですが(笑)


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング
スポンサーサイト


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね!

最近、スランプのhiroです。
人気馬の休養明けは基本的に切ったほうが妙味有りだと思います。逆に休養前が不振だった馬は体調を立て直されている可能性が大なので、ポテンシャルのある馬は狙ったほうが良いと思います。また、ゼンノロブロイを切るとすれば、今回ではないかと思います。昨年のGⅠ3連勝は立派ですが、2着馬がダンスインザムード、コスモバルク、完調前のタップと相手レベルに疑問が残ります。しかし、今回の宝塚もレベルが低い(笑)

藤沢厩舎の休養明けを切りってのは賛同しかねます。
ある書籍のデータで示しますが、藤沢厩舎の休養明け実績は秀逸です。
2000年1月~2005年2月の期間での集計ですが
半年未満の休養明け馬の勝率が約17%、連対率が約30%、複勝率が約38%です。
半年以上の休養明け馬の勝率が約18%、
連対率が約29%、複勝率が約35%です。

藤沢厩舎の昨年の勝率が約20%、連対率が約36%という数字を見ると
休養明けでもさほど数字を落としていません。

たしかに過剰人気しているのは怖いですが、逆に長期休養明けで
人気を下げている藤沢厩舎の馬は狙い目じゃないかと思います。

こんばんは!

hiroさん、コメントありがとうございます。
これからも共に休養明け人気馬をガンガン切りまくって、
共にオイシイ思いをしましょう!

hpさん、コメントありがとうございます。
貴重なデータの提示ありがとうございます。
私も今までの経験からの感覚で書いているところがあるので・・・

ただ、パーセンテージというのは非常に取り扱いに注意しなければいけません。
算出された17~18%という数値は当然未勝利~GI全データと思いますが、
藤沢厩舎はいい馬が揃っていて、未勝利や500万で、休み明けでも楽勝しているのかもしれません。
このブログの選定レースとして狙っている上位条件のみで見た場合にどのくらいのパーセンテージなのか。
まずはそこが知りたいですね。

次に分母。
2000年1月~2005年2月のデータということで、一見データ量は多く思いがちですが、母数がないとなんとも言えません。
例えば母数が10Rしかないとすると、休み明けの仕上げが秀逸であると言えるだけの母数ではないし、
母数が1000Rあるとすると、180Rしか勝たないことになりますから、残り820Rもチャンスがあることになります。

最後に人気。
負けた82%が全て1番人気だとしたら、おそらく全ての休養馬を盲目的に切っても採算は十分取れるでしょう。
(切って1番人気でない他の馬を買うため)

要するに、あらゆるファクターを考慮せずに、1つの側面からしか見ていない表面上のパーセンテージだけを追うことに、あまり意味はないということです。

さらに、ここでいう切り対象は、あくまでも「休み明けの過剰人気馬」だということもつけ加えておきます。
反論の反論としてはこんなところで・・・乱筆多謝。
また書き込んでくださいね。
これからもよろしくお願いします。

休み明けを狙うかどうかも馬の特徴で変わってくる。
馬には使い込んで良くなるタイプと体が丈夫じゃなかったり脚元不安があったりして使い込み事に悪くなるタイプがいるから。
ここを見極める。
血統的にはフサイチコンコルド産駒は使い始めが一番狙いときといいのはあまりにも有名。
休み明けってだけで不当に人気落としてる馬はめちゃねらい目。見極めが肝心。
私が今まで獲れた万馬券で一番多いのがこのパターン。
休み明けが不当に人気してる馬は買うべきでないのはその通りだけどね。

返事ありがとうございます。
更に反論するつもりは無いので補足だけしておきますね。

対象期間の成績は、半年未満の休養明けでは
1着48回 2着38回 3着22回 4着以下177回
半年以上の休養明けでは
1着17回 2着10回 3着5回 4着以下61回
となっています。

ではでは。

こんばんは~

自分のコメントが取り上げられてると気恥ずかしいですねぇ(笑)
「休み明けのサンデー」についてサイトで取り上げてみました。
こちらにコメントしようと思ったのですが長くなりそうなので(^^;

やはり「休み明けのサンデー」は買いにくいと思います。
オッズ的に妙味もないでしょうし、個人的にゼンノロブロイは来て2着・・と考えて(言い聞かせて?)いるのですが。
あっさりやられそうな気もしますけど(苦笑)

あとサンデーだと「前走惨敗はいらない」(特に単勝では有効)とかもありますよね。
この辺りはまたブログで取り上げてみたいと思います。

お互いなんとか宝塚は取りたいですね!

jagiさん、コメントありがとうございます!
フサイチコンコルド産駒は寝すみ明けが狙い目なのですね。覚えておきます!バラゲーしか思いつかんけど(笑)

hpさん、失礼な回答すいませんでした。
更なるデータ提供ありがとうございます。
これだけ馬券にからんでくるのはすごいですね。単勝という面からすると、また変わってきそうですが・・・
あと藤沢切りという主張は、皆が藤沢の仕上げが上手いということを知っているがために、休養明けでも人気になりやすいという事実があるからかもしれません。(感覚的なので強く言えない・・・笑)
これからもどうぞよろしくお願いします!

ネボケガオさん、コメントありがとうございます!
サンデーの取捨は今の競馬において欠かせないファクターですからね(笑)
非常に参考になりますね!
ありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。