スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

レース選定マイルール-其の8-

続いてレース選定考察を進めていきたいと思う。

今までのレース選定マイルールはこちら。
・其の1:1600m以上戦で牝馬が過剰人気のレースを買う
・其の2:昇級初戦馬が過剰人気のレースを買う
・其の3:1000万条件以上のレースを買う
・其の4:休養明けの馬が過剰人気のレースを買う
・其の5:血統的に切れる馬が過剰人気のレースを買う
・其の6:後方一気の馬が過剰人気になっているレースを買う
・其の7:勝てない騎手なのに過剰人気馬がいるレースを買う
・特別編:自分の買い方に合ったレースだけを買う

------------------------------------------
さて、そろそろ大詰め、レース選定マイルール-其の8-
できれば短距離戦よりは、中・長距離戦を狙いたい。

短距離戦と中・長距離戦は、どちらが荒れると思いますか?
感覚的ですが、私は中・長距離戦の方が荒れる気がします。

短距離は有力馬が出遅れたらそれでおしまいだ、という意見もあるでしょうが、いつも有力馬の出遅れに期待しているわけにもいきません。
それにそのようなアクシデントが無くても、中・長距離の方が1着がぶれやすい気がします。

1200mはペース配分を考えず、ただ初めから最後まで全力で走っても息がもってしまう距離。
これは単純に足が速い者が勝つ、ということ。
カールルイスとベンジョンソンとその他数名で100mを走った時、力のある2人がワンツーするようなものかと。

では、カールルイスとベンジョンソンとその他数名で400m、800m、1500mを走ったらどうだろうか?
想像でしかないが、きっとワンツーフィニッシュはしないだろう。

なにせ距離が長くなると、道中のペース配分が重要となる。
全力で飛ばすだけではダメだということだ。
そうなれば、「最初から最後まで全力勝負」では勝てなかった格下馬にチャンスが生まれる。
そしてそれは、紛れを生みだし、実力馬が実力を出し切れない環境が出来上がる。

・・・でもこれって、きっと未勝利戦とか500万条件の下級条件において、より顕著な傾向なんだろうな・・・


すごい理論がここにある ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング
スポンサーサイト


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。