スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

1000万条件分析-其の2-

昨日の続きを。

【項目3.単勝オッズによる分別】
1番人気の単勝オッズも気になるところである。
4パターンに分けて調べてみる。

A.単勝1倍台
単勝1番人気が1倍台のレース数:16R
1番人気が勝ったレース数:8R、勝率50%

ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:4R
3番人気:2R
8番人気:2R
基本は上位人気ということでしょうか。


B.単勝2倍台
単勝1番人気が2倍台のレース数:26R
1番人気が勝ったレース数:9R、勝率35%

ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:4R
3番人気:4R
5番人気:4R
6番人気:1R
8番人気:1R
9番人気:2R
10番人気:1R
バラエティに富んでますね。


C.単勝3倍台
単勝1番人気が3倍台のレース数:24R
1番人気が勝ったレース数:8R、勝率33%
ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:3R
3番人気:2R
4番人気:4R
5番人気:1R
6番人気:2R
7番人気:2R
11番人気:1R
12番人気:1R
こちらも様々ですね。


D.単勝4倍台
単勝1番人気が1倍台のレース数:5R
1番人気が勝ったレース数:0R、勝率0%

ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:1R
4番人気:2R
6番人気:1R
14番人気:1R
これはサンプル数が少ないですが、0%は面白いですね。
単勝4倍台の1番人気は切れの法則か(笑)

-------------------------------------------
【項目4.昇級初戦】
昇級初戦の馬が勝ち上がったレース数は8R/72R、勝率11%
しかもそのうち3歳馬が勝ったのは5R/8R。

3歳馬以外の昇級初戦馬に用は無いという事が如実に表れています。


次回に続く・・・


先週の予想結果はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

スポンサーサイト


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

1000万分析ワクワクしながら読ませていただいています。

> 3歳馬以外の昇級初戦馬に用は無いという事が如実に表れています。
の件なのですが、3歳馬が参入する1000万条件レースは標本となるレースの施工時期が1-7月なので、実質サンプルとなるレースが7月の数レースになりませんか。
結論を導くにはサンプルが少ないような気がします。やはりもう半年標本を増やして分析したほうがよいのでは?競馬の一年は新馬からダービーといいますから。
私も調べていたのですがDB上での3歳昇級馬というの曲者で、クラス編成以降の1000万条件戦に出走してくる3歳馬の戦績が500万勝ち→OP3着以下だと降級馬扱い、500万勝ち→3歳1000万出走だと同条件扱いになるのです。結果前走が500万勝ちである3歳馬だけが昇級馬となってしまうのです。当然の結果なのですが、これでは所謂『実質昇級戦』というのが考慮されなくなります。

そんなことは百も承知だ!!なら
ごめんなさい。。。

こんにちは

サンプルが少ないのは100も承知ですが、現在そこまで競馬に時間を避けないのが現実・・・
まあ、3歳以外の昇級初戦馬が勝たなそうなのは間違いなさそうだし、まあいいかなと。
結構大まかです(笑)
プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。