スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

CBC賞予想!

昨日書いたとおり、
阪神牝馬Sは力の差が歴然としていると思われるので見送り。
ラインクラフトは使われすぎの感があるが、このオッズは適正に見える。
それなら、もっと根本的にオッズがおかしいレースを狙うべきだと。

フェアリーSは、ほとんど馬を知らないので、ここに賭けるのは無謀かなと。
後悔しない馬券を買うためには、知っている馬が多いレースを買うべき。
よって見送り。

今日はCBC賞に注力します!
----------------------------------------
さて、1番人気はマルカキセキ。
確かに今年かなり充実した戦績を上げてきているが、
1つ気になるのが、中京(0,0,0,3)!
重賞で勝ちきれないところもあるし、絶対視はできない。思い切って切ります!

2番人気はシーイズトウショウ。
この馬は強いね。前2走でもっと人気を落としてくれることを望んだが…
前走は斤量負け。買いたい1頭である。

3番人気はシンボリグラン。
古馬とは軽量を利して2回好走しただけ。このメンツで3番人気はありえない。
切り。

4番人気はビッグプラネット。
中京の1200mは基本的に差し馬が有利。
そこまで強烈な逃げ馬でもないし、ローエングリンという同型がいるし、勝ちはなさそうだ。切り。

5番人気はローエングリン。
先にも書いたが、中京1200mは差し有利。
しかし、そんなことよりもこの大幅な距離変更は大丈夫だろうか?と思う。
マイル戦、スプリント戦にはそれぞれ別の適性があり、それらは全く趣を異にする。
いきなり1200m出て、ハイ勝ちました…と簡単にいくものでは無いと考える。切り。

6番人気はキーンランドスワン。
CBC賞は走らないけど、高松宮記念だけは何故か好走するから、中京も合ってはいるのだろう。
ムラがあるが1200mのスペシャリスト。買いたくないけど、切りきれん。

7番人気はウインラディウス。
この馬は1400?1600mで活躍している印象が強いが、カルストンライトオが勝ったスプリンターズSで4着に差してきた脚が忘れられない。
馬場が渋れば、意外な穴馬になるかも…

8番人気はギャラントアロー。
この馬はやはり逃げた方が味が出ると思うが、ビッグプラネット・ローエングリンがいるので、今回はいらないだろう。切り。

9番人気はシルキーラグーン。
この馬も1200mのスペシャリスト、しかもいつも人気が出ない。
TV愛知で1:06:9を出し、シーイズトウショウの2着になったレースは印象深い。
中山と中京1200mのシルキーラグーンは買いである。
田中勝がウインラディウスよりこっちを選んでいるのも面白い。

10番人気はゴールデンキャスト。
オープン馬を切る!でも書いたが、左回りでは全くいらない。切り。

11番人気はフェリシア。
12番人気はカネツテンビー。
13番人気はゴールデンロドリゴ。
15番人気はナゾ。
このあたりの馬たちは、全く人気が無いが、中京巧者と位置付けられるグループである。
昨年ゴールデンロドリゴが2着に入ったように、中京はコース適性が大きなファクターであるといえる。
このあたりが荒れる要素なのだろう。
人気が無いので、頭とはいかなくても、馬単の相手として押さえても面白い。

14番人気のフジサイレンス、16番人気のシルクトゥルーパーはいらないかな。切り。

久しぶりに全馬を検討した。
それだけ穴のニオイがするということ。
これをもとに買い目を決めようと思う。
スポンサーサイト


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。