スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング

単勝1本かぶりレース検証-其の5-

さて、先日まで関西・関東別にレース結果を見てきた。

関東のレースでは、1番人気馬が飛ぶ!と思っても、大抵3着までには入ってくる。
逆に、関西のレースでは1番人気が飛ぶ時は、4着以下まで飛んでいく。

これを上手く使うには、どういう戦法を取るべきか。

【関東の場合・・・】
1番人気が「飛ぶ=2、3着」と考える場合、自分が選択した馬をαとすると、
まずα?1番人気のワイドは、αさえ3着以内に入れば高い確率で当たりそうだ。
しかし、ダントツ1番人気とのワイドなんて、配当はどれだけ低いか・・・

そう考えると、馬単とかにも移行したくなる。
選択肢としては
1.α→1番人気
2.α→穴
の2パターンある。

1のパターンは、1点で購入できるし、配当もソコソコつく。
2のパターンは、3着目が1番人気であることが多いということも加味すれば、
α→穴→1番人気を買うと、さらに大穴が期待できそうか!?

よって東京・中山で馬券を買う場合は、
αの単勝
αの複勝
α→1番人気の馬単(αの単勝に集約もアリ)
α?1番人気の馬連
α→穴→1番人気の3連単
がいいように感じる。


次回に続く・・・


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証-其の4-

追加で阪神と東京を調べましたが、3連単・馬単ともに全然ダメでしたね。
人気だけで馬券を買ってはいけないことがよく分かります。
特に私は不当に人気になっている馬を切るというところから予想を始めるので、人気に振り回されてはいけないということを再度心に刻み込みます。

ただ、主要4競馬場を調べ、面白い傾向があることが分かりました。
【中山】
該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは30R。
1番人気が1着:14R
1番人気が2着:7R
1番人気が3着:4R
1番人気が4着以下:5R

【東京】
該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは23R。
1番人気が1着:12R
1番人気が2着:4R
1番人気が3着:4R
1番人気が4着以下:3R

【京都】
該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは31R。
1番人気が1着:17R
1番人気が2着:3R
1番人気が3着:1R
1番人気が4着以下:10R

【阪神】
該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは29R。
1番人気が1着:13R
1番人気が2着:2R
1番人気が3着:2R
1番人気が4着以下:12R

-------------------------------------------
コレだけでは分かりにくいかもしれません。
もっと分かりやすくしてみましょう。
【関東】
該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは53R。
1番人気が1着:26R
1番人気が2着:11R
1番人気が3着:8R
1番人気が4着以下:8R

【関西】
該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは60R。
1番人気が1着:30R
1番人気が2着:5R
1番人気が3着:3R
1番人気が4着以下:22R
-------------------------------------------
傾向が明らかになってきましたね。
【関東】
複勝率:45R/53R(85%)

【関西】
複勝率:38R/60R(63%)

関東は1本かぶりの1番人気は大体複勝圏内に入ってくるが、
関西は、1本かぶりの1番人気は「1着か4着以下か」なのである。

こういう傾向が出る1番の理由が「関西の武豊の存在」だと考えられる。
他の騎手が乗ったら3番人気くらいの馬が武豊というだけで1本かぶりしてしまい、サクっと圏外に飛んでしまうのであろう。

この結果は相当おもしろい!
これをもとに、馬券の組み立て方を再度考えてみるか・・・

次回に続く・・・


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証 -阪神-

次は阪神だ!
調べるのはやっぱり大変だが、努力!

※1本かぶりレースの選定は若干私の主観によるところがあります。
1番人気が単勝1倍台の場合はもちろん、
単勝2倍台でも2番人気が5?6倍ついてたらかぶっているとみなしています。
【阪神】
人気、単勝オッズ、馬単オッズ、3連単のオッズを表記しています。
重賞の場合のみ、レース名を記載しております。

1→2→5 (1.8/3.8/16.8)(470/3000)
1→6→3 (2.1/12/6.1)(1860/11160)/アーリントンC
2→4→9 (4.5/11.9/24.8)(3720/31330)
7→3→5 (17.4/5.7/16.0)(14040/314340)/阪急杯
3→7→10 (13.6/34.9/138.9)(25130/1237200)/チューリップ賞
1→2→9 (1.5/5.5/83.1)(540/15960)
3→7→2 (5.7/20.8/5.5)(7380/47530)
1→7→3 (1.8/28.4/5.1)(1880/9800)/フィリーズレビュー
1→8→11 (1.9/29.7/110.9)(2980/112000)
4→3→1 (9.6/9.0/1.8)(7590/24900)
1→5→4 (1.8/17.5/8.2)(1640/9810)
1→5→3 (1.5/15.1/8.0)(980/5790)
6→1→3 (42.0/1.9/4.8)(14460/57710)/阪神大賞典
2→1→3 (4.0/1.8/5.5)(940/2410)
1→2→10 (1.4/7.4/131.0)(540/15660)
6→7→4 (19.3/20.8/9.5)(18200/160650)
1→3→9 (1.4/9.5/41.1)(560/14170)
2→5→6 (3.6/18.8/23)(4510/39660)
3→7→10 (6.0/20.6/48.3)(8990/215440)/マイラーズC
1→6→5 (2.1/12.6/11.5)(2050/19220)
1→2→4 (1.4/6.4/16.1)(460/2620)
2→4→14 (7.7/11.9/197.9)(7610/1053930)
3→11→6 (9.4/91.0/22.8)(43830/668720)
1→4→8 (1.8/9.8/18.5)(1420/15460)
11→3→2 (38.5/18.3/3.0)(28280/178840)/宝塚記念
1→3→12 (2.2/5.0/125.2)(820/34450)
10→8→3 (39.8/19.5/8.8)(66840/552380)
9→6→1 (28.2/11.6/2.1)(21790/90290)
5→6→7 (11.9/14.1/39.1)(8640/127460)

該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは29R。
1番人気が1着:13R
1番人気が2着:2R
1番人気が3着:2R
1番人気が4着以下:12R


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証 -東京-

そもそも、1番人気が1本かぶりの時って傾向があるのだろうか?
2005年/1000万条件以上/単勝1倍台のレース結果をまとめてみる。
この結果によって、昨日までの買い方の悩みを解決できるかもしれない。

※1本かぶりレースの選定は若干私の主観によるところがあります。
1番人気が単勝1倍台の場合はもちろん、
単勝2倍台でも2番人気が5?6倍ついてたらかぶっているとみなしています。

【東京】
人気、単勝オッズ、馬単オッズ、3連単のオッズを表記しています。
重賞の場合のみ、レース名を記載しております。

4→2→5 (8.1/6.2/13.7)(5040/36650)
1→9→5 (1.8/29.5/16.4)(3250/38110)/根岸S
1→7→4 (1.6/16.6/11.9)(1130/12520)/東京新聞杯
5→1→4 (20.8/1.6/7.6)(4870/26650)
5→1→4 (14.2/2.0/10.0)(4050/25080)
1→7→11 (2.3/28.4/94.7)(3160/116890)
2→5→1 (4.7/11.5/1.8)(4060/10040)
1→5→6 (2.0/12.0/16.8)(1540/12220)/フェブラリーS
5→2→1 (19.2/3.9/1.8)(8530/18530)
1→6→2 (1.8/16.0/6.3)(1590/10870)/青葉賞
1→4→2 (2.0/7.5/5.1)(1130/4710)
1→6→7 (1.6/17.9/32.9)(1550/17080)
11→1→2 (87.1/1.5/9.3)(12310/93610)
1→2→4 (1.8/3.9/13.5)(750/3590)
1→2→3 (1.5/8.6/9.0)(820/3330)/オークス
3→1→10 (7.0/2.2/55.7)(2250/82090)
1→2→7 (1.1/19.5/43.6)(590/4250)/ダービー
1→5→6 (1.7/12.4/16.4)(1320/28820)
3→6→5 (10.5/22.6/17.4)(14970/151430)
1→4→2 (1.1/33.8/7.3)(1070/3580)/ユニコーンS
5→2→1 (9.9/7.8/1.9)(8340/23950)
9→2→1 (34.1/5.1/5.7)(19260/166070)
4→3→7 (13.5/8.2/21.7)(11360/141330)/エプソムC

該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは23R。
1番人気が1着:12R
1番人気が2着:4R
1番人気が3着:4R
1番人気が4着以下:3R


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証-其の1-

これまで中山・京都と1本かぶりレースの検証をしてきた。
私の目から見た1000万条件以上の1本かぶりレースなので、
購入する可能性があった全レースということとなる。

さあ、次は中京をやろうかな・・・と思ったのだが、ちょっと立ち止まって
この2つの競馬場の結果を見てみる。

該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは61R。
1番人気が1着:31R
2番人気が1着:10R
3番人気が1着:5R
4番人気が1着:7R
それ以外:8R

1番人気の勝率:51%
4番人気以内の勝率:87%

やはり1本かぶりレースは1番人気の勝つ割合が高いですね。

-------------------------------------------
次に1番人気の複勝内率を見てみよう。
1番人気が複勝内に入ったレース数:46R
75%の複勝内率ということとなる。
若干予想よりは低めだが、十分な数字だと思う。


次回に続く・・・


1番人気を攻略すべし! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証 -京都-

もういっちょ調べてみる!

※1本かぶりレースの選定は若干私の主観によるところがあります。
1番人気が単勝1倍台の場合はもちろん、
単勝2倍台でも2番人気が5?6倍ついてたらかぶっているとみなしています。

【京都】
人気、単勝オッズ、馬単オッズ、3連単のオッズを表記しています。
重賞の場合のみ、レース名を記載しております。

7→6→2 (18.3/17.5/6.4)(18160/163000)
1→7→6 (1.6/21.2/19.2)(1410/18580)/京都金杯
1→3→4 (1.6/5.1/10.1)(740/3130)
9→1→2 (70/1.5/3.5)(12560/47950)
2→7→6 (4.8/25.6/21.3)(11010/125080)
1→3→4 (1.5/8.3/14.9)(610/2970)/シンザン記念
2→7→3 (5.1/35.7/6.2)(10980/51550)/日経新春杯
1→7→2 (1.6/32.8/3.2)(2640/8980)
1→6→2 (1.1/67.1/8.4)(2750/10470)
1→5→2 (1.6/16.2/5.3)(1190/4950)
5→3→2 (19.9/7.4/4.5)(10310/30150)
4→8→1 (8.0/20.4/2.2)(9200/31470)/平安S
1→7→2 (1.8/39.8/3.7)(3540/16720)
1→5→3 (1.7/17.2/7.7)(1210/6190)
3→1→6 (6.8/1.7/19.8)(1660/11270)
9→2→4 (44.5/6.8/11.2)(17940/148400)
1→6→10 (1.9/17.3/27.4)(3010/66220)/シルクロードS
1→4→8 (1.6/10.5/35.4)(1030/13400)
1→4→8 (1.6/11.9/85.3)(810/27180)
3→1→9 (6.5/1.9/41.9)(1800/38460)
1→4→3 (1.3/17.0/14.0)(1000/6070)
1→4→8 (1.7/9.4/36.6)(980/13380)
2→6→5 (5.7/15.0/14.8)(5920/158460)/京都記念
3→4→2 (6.9/9.0/5.1)(3850/18400)
1→3→4 (1.6/8.4/9.8)(730/3060)
1→5→9 (4.7/27.6/9.3)(5780/32470)
1→10→2 (1.2/91.6/6.5)(4510/24680)
3→6→10 (7/25.3/57.8)(8980/183050)
1→5→6 (1.6/11.6/12.7)(1060/5920)
7→2→3 (20.1/5.2/6.8)(8710/38440)
2→7→4 (6.3/24.0/11.9)(7000/59630)

該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは31R。
1番人気が1着:17R
1番人気が2着:3R
1番人気が3着:1R
1番人気が4着以下:10R

分析にはまずデータですからね!


努力はいつか実を結ぶ! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

単勝1本かぶりレース検証 -中山-

そもそも、1番人気が1本かぶりの時って傾向があるのだろうか?
2005年/1000万条件以上/1本かぶりのレース結果をまとめてみる。
この結果によって、昨日までの買い方の悩みを解決できるかもしれない。

※1本かぶりレースの選定は若干私の主観によるところがあります。
1番人気が単勝1倍台の場合はもちろん、
単勝2倍台でも2番人気が5?6倍ついてたらかぶっているとみなしています。
【中山】
人気、単勝オッズ、馬単オッズ、3連単のオッズを表記しています。
重賞の場合のみ、レース名を記載しております。

1→3→8 (1.7/6.9/32.4)(940/14360)
4→1→3 (8.9/2.5/6.2)(3110/12590)
1→6→7 (2.7/10.7/19.9)(2700/36320)/中山金杯
2→3→13 (6.4/6.9/65.5)(3280/135950)
2→1→3 (6.5/1.8/6.9)(1440/4940)
7→4→8 (36.0/11.6/39.2)(36910/814930)
4→1→3 (6/2.4/5.7)(1750/6520)
4→1→8 (18.7/1.2/107.5)(3370/73890)
1→3→5 (2.5/5.5/11.6)(1620/12370)
1→3→5 (1.7/4.4/30.7)(490/4100)/AJCC
1→2→5 (1.9/4.4/16.9)(690/5430)
1→3→2 (1.2/12.3/5.3)(380/810)/弥生賞
2→5→1 (4.1/33.7/1.3)(6330/14460)
1→9→10 (2.6/20.7/31.0)(3490/106730)/中山牝馬S
1→2→10 (2.9/5.3/26.4)(1280/24230)
2→10→1 (10.9/42.4/1.4)(28520/101140)/クリスタルC
8→4→1 (28.4/18.1/1.8)(22410/66810)
1→5→7 (1.4/28.0/36.4)(2020/29670)/フラワーC
1→4→2 (1.4/15.9/7.8)(1270/7010)
10→1→2 (126.5/1.7/5.6)(38270/163370)
2→5→4 (6.3/8.5/7.5)(3630/29190)
1→3→8 (2.4/6.8/25.6)(1420/20070)
3→1→7 (9.1/1.7/19.1)(2240/23030)
4→2→5 (10.5/5.5/11.8)(5360/27120)
4→1→2 (9.4/1.8/4.8)(3050/10220)
1→3→5 (1.9/7.1/10)(1170/7270)
2→7→4 (5.8/17.5/8.0)(4030/23590)
4→3→1 (5.8/5.7/2.2)(3510/9340)
1→2→9 (1.6/5.9/79.9)(590/13510)
1→12→3 (1.3/124.0/15.5)(6100/70780)/皐月賞

該当期間中、私の視点から見た1本かぶりレースは30R。
1番人気が1着:14R
1番人気が2着:7R
1番人気が3着:4R
1番人気が4着以下:5R

調べるのって結構時間かかりますね・・・


努力はいつか実を結ぶ! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

理想的な買い方-其の5-

前回、以下のような結論を出してみたが・・・
αの単勝:100円
αの複勝:500円 or 300円
K→α→1番人気:200円 or 300円
K→1番人気→α:200円 or 300円

・・・そもそもKの中に1着がいると考えているのなら、
まずはそこからαを選ぶところから始めればいいんだよな・・・

そしたら、そのまま
αの単勝
αの複勝
α→1番人気→穴
α→穴→1番人気
を買えばいいわけだ。

自分が1着になるだろうと思っている馬を2,3着付けにするという
心情的矛盾感も薄れるし。

本当は
α→1番人気
α→穴
の馬単も買っておきたいところだが・・・

穴馬はコンピ指数の50の1つ下から上に4頭とすると、3連単は8点。

αの単勝:100円
αの複勝:500円
α→1番人気→穴:400円
α→穴→1番人気:400円

これで合計1400円のセット。

それにしても、本当にこうやって3連単を買うことがいいのか・・・?
単複だけの方が効率がいいのか・・・?

次回より実際のレース結果と照らし合わせてみたい。

競馬を楽しむなら! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

理想的な買い方-其の4-

先々週の段階で、前回までの結論をもって馬券を組み立ててみたのだが、
気づいたことが1点。

1番人気を飛ぶと仮定した
β→α→M:500円
β→M→α:500円

これがKから1頭βを選ぶとか、1番人気が飛ぶとjか、
相当の壁を越えないといけないのだ。

確かに当たれば配当的には魅力があるが、ほとんど当たらない。
しかも本線よりだいぶ多い金額を投入しているということで、
コストパフォーマンスも悪くなる。

よって
αの単勝:100円
αの複勝:500円 or 300円
K→α→1番人気:200円 or 300円
K→1番人気→α:200円 or 300円
のみで攻めるべきではないかと改めて感じた。

また、1つ注意点が。
大混戦のレースを選ぶと、3連単がより当たりにくくなる。
1倍台の1番人気が80%以上の確率で3着内だという事実をもとに組み立てているのだから、
3連単を買うのは1本かぶりレースのみにし、
他のレースに手を出す時は単複のみにするべきだ。

これで勝てるか?

次回に続く・・・


競馬を楽しむなら! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ちょっと一息

3連単考察の間ですが、ちょっと思いついたことを・・・

こうして3連単を考察していると、非常に買いたくなる。
しかし、3連単は単勝が当たらないと絶対当たらないし、
シミュレーションの段階でお金を賭けても、ドブに捨てるようなものだ。

しかし、この馬が来そうだ・・・という感覚と、実際に馬券を購入する時に選ぶ買い目に差異が生じることも日常的にある。
馬券を買わずに予想だけしていても力はつかないように思う。

さあ、どうしたものか・・・と考えた時に「架空のお金を賭ける」という考えにたどり着いた。

10万ゴールドを持っていることとして、
・単勝&複勝&ワイドは自分の本当のお金を賭ける。
・馬連・馬単・3連複・3連単は架空の「ゴールド(G)」を賭ける。
・1本かぶりでないレースは単複ワイドも「ゴールド(G)」を賭ける。
というルールにする。

これと単複シミュレートを並行して行っていけば、
・自分の単複の実力を測りながら
・馬単や3連単の訓練と、的中率&回収率シミュレートもできる。

しかも、
・今まで1本かぶりじゃないから見送っていたレースもゴールドで参加できる!

競馬をより楽しめる構想じゃないだろうか?
と思うと、ワクワクしてきた!!!!

ちなみに1000万Gもってることにして、馬単1点10万G!とかやりたかったが、なんか元に戻した時に感覚がワケ分からなくなってそうだったので、
現実に即した設定にしてみました(笑)


ゴールドばっか稼いだりして(笑) ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

理想的な買い方-其の3-

前回、10点足すと考えた。
どうせ足すなら大穴の方がイイに決まってる!

昨日の私はなんかおかしかった。
守りに入ったら負けだ!!!!

・・・ということで、1番人気を蹴飛ばした3連単をシミュレート。
狙いは1着荒れよりも2,3着荒れの方が現実的か。

コンピ指数上位4頭から1番人気を抜いたグループをKとする。
3着目の穴馬グループをMとする。
K→α→M
K→M→α

Kが2頭ならMは3頭、Kが3頭ならMは2頭で12通り。
・・・多すぎるな。
しかもMを2、3頭に絞って当てようというのがまた困難だ。

じゃあどうするか?
・・・Kを絞ればいいのか!

Kの中から1頭選び出し、これをβとすると、
β→α→M
β→M→α
これでMが5頭ずつで10点買いになる。
しかも1番人気を1着にした10点買いよりよっぽど夢がある(笑)

βは何で決める?感性か?どうせならKの中で1番人気ない馬がいいか?
Mは前回同様、コンピ指数50の1つ下から上に5頭とかの穴馬が面白いかと。
これだとマジで何十万馬券も買い目に入りそうだ。

-------------------------------------------
今までの話から、これが一番いいのでは?
αの単勝:100円
αの複勝:500円 or 300円
K→α→1番人気:200円 or 300円
K→1番人気→α:200円 or 300円
β→α→M:500円
β→M→α:500円

αが3着までに入れば、何らかの馬券が当たるであろう2000円セット馬券。
しかも買い目が多いようで、3連単でも14から16点しか買っていない。
今までの経験から、私に最も合致する買い方のように感じられる。

αの1着付けの3連単がないのが心情的に複雑だが、
ここはまた、実力をつけたら考えるとしよう。

次回に続く・・・


考えることが成功への第1歩! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

理想的な買い方-其の2-

昨日は単複+3連単4or6点買いのアプローチを行った。
しかし、どうしても気になる馬券がある。

1番人気1着付けの3連単である。

今まで1番人気が勝ってしまうというリスクヘッジについて考えてきたこともあった。
単勝1倍台の馬がいるレースに手を出す限り、かなりの確率でついてまとう問題である。
それゆえ、
1番人気→α→R
1番人気→R→α
も正直押さえておきたい気持ちがある。

ここで1番人気を頭にするからには、対象となるRは当然穴馬であるべきだと思う。
今のところ、Rをコンピ指数50の1つ下から上に5頭とかを考えている。
しかし、これで10点、1000円かかる。

本線が4点で、リスクヘッジが10点。
本末転倒、非常におかしく見える。

しかし、1番人気が1着でも、低配当と決まったわけではないかも・・・

ちょっと去年の重賞を調べてみると・・・
朝日CC:スズカマンボ→ヴィータローザ→メジロマントルで13390円
富士S:アドマイヤマックス→モノポール→メテオバースト:4800円
セントライト記念:コスモバルク→ホオキパ→トゥルーリーズンで8380円
マイルCS:デュランダル→ダンスインザムード→テレグノシスで13280円
JC:センノロブロイ→コスモバルク→デルタブルースで14770円
中日新聞杯:プリサイス→メイショウバトラー→エーティーダイオーで4940円

・・・そんな多くない上に安いな(笑)
やっぱ無駄みたいだな。ヤメヤメ。

・・・そうだ!1番人気をからめない買い方を検討した方がいいのでは!?

次回に続く・・・


考える事が成功への第一歩! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

理想的な買い方-其の1-

3連単を含めた理想的な買い方を、今回から数回に分けて考えてみる。

私の選択した馬(1番人気以外の馬)をαとする。
コンピ指数上位4頭から1番人気を抜いたグループをKとする。

1番人気が単勝1倍台の場合を考える。
買い目を減らすために、単勝1倍台の馬の複勝圏内率が80%を超えている事を利用する。

まずは3連単。
1番人気が来ないということを前提としたら、買い目は以下の4パターン。
K→α→1番人気・・・?
K→1番人気→α・・・?
α→K→1番人気・・・?
α→1番人気→K・・・?

ここでαが1着付けとなっているパターン?とパターン?では、
αの単勝に集約してしまうことが可能。
(パターン?と?では1着が複数なので集約不可)

よって買い方は
K→α→1番人気・・・?
K→1番人気→α・・・?
αの単勝
αの複勝
がベストであるだろうと思われる。

αがKに含まれる場合、3連単の買い目数は4点。
αがKに含まれない場合、3連単の買い目数は6点となる。
今の時点ではまだ大きな金額を突っ込むレベルには至ってないので、
あとは単勝100円、複勝で調整して合計1000円になるようにしようかなと。
(自分の単勝的中率を考慮して・・・)

これなら3連単を500円、1000円単位で買える!
4番人気→5番人気→1番人気の200倍1000円も現実味があるぞ!

投資シミュレーションとしては、今までどおり
単100/複200の場合と複300の場合で行っていきます。
勝つべし!

次回に続く・・・


いろんな予想法はこちら! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

1000万条件の購入法!

これまでの考察から、1つの方針が見えてきた。
順番を追ってプロセスを検証していこうと思う。

1.1本かぶり馬がいる1000万条件のレースにおいて
2.1600m以上の芝のレースを選択し、
3.まず牝馬を切り、
4.次に3歳を除く昇級初戦馬を切る。
5.3ヶ月以上の休養明け馬を切り。
6.前3走、勝ち馬から1秒以内のレースがない馬は切り。
7.極端に後方脚質の馬は切り。
8.前走同じレース出走馬を1グループとし、そのグループ内で1番着順が良かった馬から1秒以上負けている馬は切り。

条件5までは、先日までの検証結果から。
条件6からは、今までの方法(経験則)。

本当は先日のデータをもっと検証して、何秒差までの馬が候補・・・とか
道中の位置取りは何番手くらいまでの馬が候補・・・とか
出してみたかったが、時間が無くてちょっと断念。
今度時間があるときにでもやってみます。

・・・さて、こうした条件をクリアした馬の中から1頭選ぶ。
これが私の1つの購入の指針である。
最終的に1頭に絞るのは「感性」だが、ある程度の頭数まで初期の段階で絞るのは「理論」でもいけるんじゃないかと。

この理論の部分の精度を上げるため、これからも頑張っていきます!


考えれば道は開ける! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

1000万条件分析-其の3-

1000万条件分析-其の3-

それでは昨日の続きを・・・


【項目5.距離別分析】
定義として
1000?1400m:短距離
1401?2000m:中距離
2001?3600m:長距離
としよう。

各距離での1番人気の勝率は
短距離:10R/25R、40%
中距離:13R/40R、33%
長距離:3R/7R、43%
この結果を見ると、あんまりパッとしたデータじゃないなと思う。
しかし、次の考察に入ってビックリした。

距離をもっと細かく分けてみる。
1300m以下:7R/18R、39%
1400m:3R/7R、43%
1600m:2R/8R、25%
1700m:6R/12R、50%
1800m:3R/12R、25%
2000m:2R/8R、25%
2100?2500m:1R/4R、25%
2600m以上:2R/3R、67%

なんと、中距離の1番人気の勝率を押し上げていたのは1700mであり、
その他の距離では押しなべて1番人気の勝率は25%だったのだ。

ではなぜそのような偏りが生じたのか?
突き詰めていった結果、1つの結論にたどり着いた。

対象の1700mという番組は、ダートしかなかったのである。
すなわち単勝派にとって、1000万ダ1700mという条件は鬼門だったのだ!

-------------------------------------------
【項目6.芝・ダート別分析】
対象72Rのうち、
芝のレース:45R
ダートのレース:27R
であった。
レース数でいうと、若干芝の方に偏りがある。

では、1番人気の勝率を見てみる。
芝:12R/45R、27%
ダート:14R/27R、52%

・・・恐るべしダート戦。
こういうことを知っているか知らないかは大きいですね。

-------------------------------------------
【項目7.休養明け分析】
対象72Rの勝ち馬のうち、
30日以内の馬が勝ったレース:49R
30?89日以内の馬が勝ったレース:16R
90日以上の馬が勝ったレース:7R

3ヶ月以上の休み明けの馬の勝率は10%にも満たない。
無条件に切ってもいいレベルだろう。

ちなみにその7Rは
芝1200、芝1400、芝1800、ダ1200がそれぞれ1Rと、ダ1700が3Rだった。
特に短距離戦で休養明けが好走するというような偏りは見られなかった。


考えれば道は開ける! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

1000万条件分析-其の2-

昨日の続きを。

【項目3.単勝オッズによる分別】
1番人気の単勝オッズも気になるところである。
4パターンに分けて調べてみる。

A.単勝1倍台
単勝1番人気が1倍台のレース数:16R
1番人気が勝ったレース数:8R、勝率50%

ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:4R
3番人気:2R
8番人気:2R
基本は上位人気ということでしょうか。


B.単勝2倍台
単勝1番人気が2倍台のレース数:26R
1番人気が勝ったレース数:9R、勝率35%

ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:4R
3番人気:4R
5番人気:4R
6番人気:1R
8番人気:1R
9番人気:2R
10番人気:1R
バラエティに富んでますね。


C.単勝3倍台
単勝1番人気が3倍台のレース数:24R
1番人気が勝ったレース数:8R、勝率33%
ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:3R
3番人気:2R
4番人気:4R
5番人気:1R
6番人気:2R
7番人気:2R
11番人気:1R
12番人気:1R
こちらも様々ですね。


D.単勝4倍台
単勝1番人気が1倍台のレース数:5R
1番人気が勝ったレース数:0R、勝率0%

ちなみに1番人気が負けたレースで勝ったのは・・・
2番人気:1R
4番人気:2R
6番人気:1R
14番人気:1R
これはサンプル数が少ないですが、0%は面白いですね。
単勝4倍台の1番人気は切れの法則か(笑)

-------------------------------------------
【項目4.昇級初戦】
昇級初戦の馬が勝ち上がったレース数は8R/72R、勝率11%
しかもそのうち3歳馬が勝ったのは5R/8R。

3歳馬以外の昇級初戦馬に用は無いという事が如実に表れています。


次回に続く・・・


先週の予想結果はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング



ブログランキング

1000万条件分析-其の1-

前回ざっと勝ち馬の名前を並べただけだったが、
今回から分析をしてみたいと思う。
対象は全部で72Rである。

【項目1.1番人気の勝率】
1番人気が勝ったレースは、26R/72R(36%)
この数字は一般的に知られる1番人気の勝率と大差ない。
よって、今回の母体72Rの結果は大きな偏りがない一般的な標本と見ることが出来る。

-------------------------------------------
【項目2.1番人気が負けたレース、1番人気は何着?】
1番人気が負けたレースは全部で46Rあることとなるが、
その時、1番人気は何着だったのだろうか?
馬券に絡む範囲で分別してみると・・・
2着:11R
3着:11R
4着以下:24R

1番人気が飛んだ際、50%以上の割合で馬券圏外まで飛んでいるのである。
この結果はちょっと意外だった。
1番人気以外の馬を選び、その馬と1番人気の馬連・ワイドを保険にしようとしたこともありますが、
例え軸が合っていても、ワイドで半分、馬連で25%しか当たらないんですね・・・

こんな感じで、様々な角度から数値を検証していきたいと思います。
今日はここまで、続きはまた明日に・・・


先週の予想結果はこちら ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング



ブログランキング

1000万条件の勝ち馬一覧

最近の1000万条件の勝ち馬をピックアップしてみました。
※データは馬ニアックスを使用させていただいております。工藤さん多謝!
これを使って様々な切り口から検証してみたく思います!
(例えば、人気、配当、昇級初戦で勝った馬はどのくらいいるのか?とか)


7月17日
ホーマンオブジェ
ウェディングバレー
アップルアロー

7月16日
ツルマルオトメ
セフティーミキオー
フェミニンガール
ヤマトサクセス
ワンダーハヤブサ

7月10日
オーミロビンソン
サンライズバッカス
オーギュスト
ヨイチサウス
マウントフォンテン

7月9日
チェリーライオー
オンワードハヤテ
ワイルドスナイパー

7月3日
インマイアイズ
マルカラスカル
コアレスパティオ
パレスエース
テイエムジェネラス
ツムジカゼ

7月2日
サザンツイスター
ワイルドワンダー
パレスエベレスト

6月26日
スピニングノアール
ビッグロンドン
ステキステキ
ブレイクオブドーン

6月25日
トウカイトリック
プラズマ
ミスターケビン

6月19日
ラッキーブレイク
サウンドザビーチ
サンデーストリーム

6月18日
ミリオンベル
ハッピートゥモロー
マイネルホライズン
マルブツスピーディ
ナチュラルリーダー

6月12日
トーホウファイター
マイクラリネット
サクセスドマーニ
タケショウレジーナ

6月11日
ワンモアチャッター
ダークスワン
グリーンヴィガー
ウルヴズグレン

6月5日
ダイタクアルビン
テイエムファンキー
ケイアイステルス
トムディアマンテ

6月4日
ムーンライトソナタ
ミヤビペルセウス
スプートニク

5月29日
ニホンピロキース
スカーレットベル
イブキトレッキング
トーセンテンショウ

5月28日
スズジャパン
アフレタータ
モノトーン
シアトルユー

5月22日
スリーロケット
ダンツクレバー
ルーベンスメモリー
メイショウトキムネ
アタゴビッグマン

5月21日
ワンモアチャッター
シャルルゲラン
タイキヴァンベール
サクラプログレス


土曜の予想はこちらから ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

期待値について

しんさんより「期待値とは何か」というコメントがありましたので、
自分自身を見つめなおすために触れてみます。

中学や高校の教科書では
期待値=無限試行に対して得られるであろう平均回収値
と表記されていたでしょうか。

例えばサイコロの出目の期待値を例に取ると、
無限に試行を繰り返すことで、1?6までの各数字の出る確率は均等に1/6となる。
サイコロの出目の期待値=1*1/6 + 2*1/6 + 3*1/6 + 4*1/6 + 5*1/6 + 6*1/6=3.5
これが通常の期待値の算出である。

それでは、これを競馬にもってくるとどうなるか。
上記の考え方だと競馬における期待値とは、
N番人気のオッズ*N番人気の勝つ確率の総和(1≦N≦18)
となるだろう。

しかしここで競馬では予想というファクターが入る。
「勝つ馬を探す」という視点で3頭残ったら、まずは自分の中ではこの3頭の勝つ確率の和は100%ということになる。
この3頭をa,b,cとする。
それぞれが勝つ確率をPa、Pb、Pcとし、その時のオッズをQa、Qb、Qc、賭け金をそれぞれKa、Kb、Kcとした場合、
期待値は(Pa*Qa*Ka)+(Pb*Qb*Kb)+(Pc*Qc*Kc)と表される。

これを最大化させる点に賭けるのが私が目指すところである。
その際、Qa、Qb、Qcはオッズという形で、変動はするけれども見ることが出来るが、Pa、Pb、Pcという値は自分自身の感覚でしかない。
ここを鍛えるのが、期待値を踏まえた競馬力の向上に繋がると考えています。

例えば予想の段階でA、B2頭残って、その単勝オッズが4.0倍と12.0倍だったら、どちらを選びますか?
このような質問をすると、大抵の人がうまい配分をしようとする傾向にあるという話を聞いたことがあります。
ここで大事なのは、単勝オッズは勝つ確率を表しているのではないということです。自分の中での確率が50%:50%であったら絶対12.0倍の方を選ぶべきです。

「サイコロを振り、偶数が出たら賭け金4倍、奇数が出たら没収」のゲームと
「サイコロを振り、偶数が出たら賭け金12倍、奇数が出たら没収」のゲーム、
参加料が同じならどちらに参加しますか?
という問いなら全ての人が12倍の方に参加するはずなのに、
舞台が競馬に変わったら、途端に4倍のゲームに参加する人が増える。
これが人間心理の面白いところである。

期待値を考えた結果、12倍の方に全額勝負をかけて外れたとしても、それは結果論。
常に期待値の高い方を選んでいくことが、長い目で見て競馬で勝つための要因だと考えます。

ちなみに先日のNSTオープン、私の中では
ソロモン=ウイン>ロードフラッグ>マヤノシャドー
でしたので、ウインの単勝オッズ>ソロモンの単勝オッズの段階でウインを選択しました。
まさか直前に逆転するとは、危ないところでした・・・


期待値を最大に! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

1000万条件について

私はレース選定のスタンス上、1000万条件に賭けることが多い。

1000万条件といえば、以前
・昇級組と降級組と在来組がやりあったり
・ヤリヤラズがあったり
と、様々な要件が組み合わさっていると書いた。

では、1000万条件って、どんな成績の馬が勝っていることが多いのか?
・前走2、3着の馬が順当に勝っているのか?
・昇級初戦の馬が勝っているのか?
・降級馬が勝っているのか?

今の私は、それをちゃんと調べたことがないので分からない・・・

私は調べれば分かるのに、やってないから知らない・・・という自分が許せないたちなので、次回以降ちゃんと調べて、何らかの結論を出していきたいと思う。


夏競馬、勝つぞ! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

NSTオープンについて・・・

昨日はNSTオープンでウインラディウスを選択し、1着だった。

しかし、予想の項を読み直してみると、
「この人気なら、狙いたい1頭」
としか書いてない!

昨日用事があったため、午前中のオッズで予想・購入したのだが、
その段階でウインラディウスは5番人気で8?9倍くらいついていたのだ。

実力と人気に不整合がある馬を狙おうというのが、今の私のスタンスの趣旨であるので、上記のコメントのように飛びついてしまったのだが、
まさかレース直前に4.5倍の2番人気になってるとはなぁ・・・

ゴールデンキャスト 4.0倍
ウインラディウス 4.5倍
ダイワメンフィス 4.6倍
マイネルソロモン 5.3倍
ロードフラッグ 10.0倍
マヤノシャドー 12.8倍

の最終オッズを見ていたら、ウインラディウスは買ってなかったよなぁ・・・
マイネルソロモンにいってそう。
あぶないあぶない・・・

馬単とか買ってても、ロイヤルキャンサー抜けてるだろうし、マルターズホ?クなんか絶対無理っぽいし、まだまだだなぁ・・・と実感。
今度からは、単勝を予想した後、買わないけれど馬単の相手を2頭だけ予想する訓練をするぞ!

ちなみに1着、2着サンデーサイレンス、3着サザンヘイロー。
血統的な偏りってやはりあるんでしょうかね?
こちらも今後勉強していきます!


頑張っていきます! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

騎手について

なりさんから武豊騎手についての考察をいただきました。

単勝派の私としても、武豊騎手の存在を無視して馬券を買うことが出来ないと考えています。
なぜなら、武豊騎手は単勝1本かぶりの要因の一端を担っているからです。

本来5.8倍の2?3番人気くらいの馬が、武豊が乗ったとたんに2.5倍の1番人気に躍り出るのだから、その影響は大きい。
それは、人気を吸収して飛んでくれる1番人気になってくれるということでもある。
それだけ人気を誘発する武豊騎手が騎乗しても4?5番人気に甘んじている馬は、やはり勝つ可能性が低いということでしょうね。

武豊騎手に関しては
・1番人気⇒本来2?3番人気の馬が理論値以上に売れるので旨みがない。
・低人気⇒武が乗っても勝たないと思われる程度の実力の馬。
・・・ということで、基本的に切りでいいのではないかと考えます。

ただ、武の1番人気での勝率は5割弱ということなので、
レース選択の時点で、武豊騎手が人気を背負って飛びそうなレースを選択することが最重要項目ということになりますね。

あと、武豊騎手の印象なのですが、
ペリエ・デザーモ・アンカツあたりは、「えー、こんな馬を持ってくるの?」ということが多い、いわゆる豪腕ジョッキーだが、
武豊騎手は「馬の実力を最大限に引き出すが、実力以上の力を引き出すことはない」という感じがします。

これが、「そもそも4?5番人気になることも少ないが、その人気で勝つことも少ない」という理由だと考えます。

武豊騎手の乗るレースは、常に人気に異常があるといってもいいでしょう。
勝率50%としても、騎乗レースのうち半分に宝の山が隠れているかもしれませんね。


人気騎手は切るべし! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

複勝について 其の2

前回複勝の主な特徴を3点挙げてみた。
この3点を見て、複勝の有効な利用法を考えてみる。

【パターン其の1:単複1回限定コロガシ】---------
複勝の配当の不当な低さをカバーするためには、従来よりも大きな金額を突っ込まなければならない。

では大きな金額を突っ込むだけの軍資金はどこから出てくるのか?

前のレースで増やした元手を軍資金とするしかない。

複勝1点では4、5着が多くなる。

複勝だけではなく、単勝も購入する。
その際購入のメインになるのはあくまでも複勝であり、単勝はギリギリ3着の馬を狙わない(勝つ馬を狙う)ための羅針盤のようなものと考える。

そうであっても、なかなかコロガシなど成功しない

せいぜい1回までが限度。
-------------------------------------------

【パターン其の2:単勝リスクヘッジ法】---------
狙うのは1本かぶり馬のおかげで単勝オッズが高くなった馬の単勝1点。

単勝1点だと2、3着が多い。

複勝でリスクヘッジ

単複の割合は?

始めは単1:複2でいいと思うが、単勝的中率が高くなる(=センスがつく)につれ、単の割合を多くしていくべきだと思う。
最終的には単100%に配分し、「外れても次のレースで単勝当てればいいや」と考えられるくらいの的中率を保持したい。
-------------------------------------------

パターン其の2を書いていて思ったのだが、
複勝というのは、単勝であんまり当たらない人が、次のレースの資金を確保するため、賭けた金額が少しでも戻ってくるように買う馬券のような気がしてきた。
単勝が一定の割合で当たるようになれば、複勝を買う意味はないのである。

【結論として】
複勝で攻めの姿勢をとるにはコロガシしかない。
しかし、今の私に2レース連続複勝当てられる実力があるかは分からない。
今後のプランとしては、【単勝リスクヘッジ法】を実行してみて、まず自分の単勝力ならびに複勝力を計り、その上で【単複1回限定コロガシ】に移行するか、【単勝100%】に移行するかを見極めていきたいと思う。

馬連・馬単・3連単などの馬券のことを考えるのは、それからにしようと思う。


勝つべし!勝つべし! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

複勝について

今回の試みで、単勝から単勝+複勝というスタンスにすると宣言した。
しかし、私は単勝については色々と考えてきたが、
複勝についてはほとんど考えたことがなかった。

買おうとしている馬券について考えたことがないなんてナンセンスなので、順を追って考えてみることにする。
-------------------------------------------
【検証其の1】 複勝の買い方
経験上、大抵複勝の配当は2倍以下。
単勝のように複数点買っても浮けばいい・・・というような戦略が使えないのは明白。
基本は1点買い。
-------------------------------------------
【検証其の2】 複勝はお得なのか?
私がなぜ1本かぶりレースだけに手を出すか?
その理由は、他の馬の単勝が1本かぶり馬のおかげで
理論値よりも単勝オッズが美味しくなるからである。
本来単勝6?7倍の馬が10倍くらいつくのである。

では複勝で同様のことが起こるのか?
経験論として、皆無ではないが、稀である。

しかも、配当が不当に低い。
「低い」というのは絶対的に複勝が低いということではなく、
単勝オッズと比較した時に「低い」ということ。
例えば単勝万馬券の複勝が2000円台っていうのは不当に低いだろうと。
単勝10倍の馬の複勝が170円というのも同様。
-------------------------------------------
【検証其の3】 複勝は当たりやすい?
単勝を買って、その馬が2、3着・・・というケースは本当に多い。
複勝だったか!と思ったことは全くないが、じゃあ複勝だけを買っていれば当たりまくっているのか?
というと、そんなことはないと思う。

以前書いたことがありますが、同じ競馬新聞を見ていても、馬連を買うときと単勝を買うときの視点が全く違うのです。
hiroさんのコメントでもいただきましたが、単勝だけを買うときと、複勝だけを買うときの視点というのも全く違うのだろうと思います。

単勝は勝ち負けしそうな馬を買って2、3着が多い。
複勝だけを買おうとすると、3着にギリギリ入りそうなキツイ馬を買って4、5着が多くなりそう。
-------------------------------------------

これをもって、次回買い目にどういう複勝の絡め方があるか、考えてみます。
本当に複勝も買うことがいいのかどうかも含めて・・・


複勝をうまくつかうには? ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング


ブログランキング

100円馬券の意味

「100円馬券に意味はない」という里中李生氏の言葉が引用されたコメントをいただいておりましたので、
そのことについてちょっと触れたいと思います。

私も里中李生氏の著書を読み、その言葉も記憶にはあるので以下に。
里中氏の主張はかなり極論だと思いますが、まとめてみたいと思います。

-------------------------------------------
いい大人が1R?12Rまでの全レースを100円単位で馬券買って、何がしたいんだ?
それで勝てるのか?それとも時間をつぶしたいのか?
そんなものは勝負とは言わない。遊んでるだけだ。
100円単位でもどうせ1日に5000円とか10000円負けるんだろう。
それなら1レースに集中して10000円の勝負をした馬券を買え。
-------------------------------------------
確かこんな感じだったと思います。

私も競馬が好きで、以前は朝から夕方までウインズに入り浸って全レースを100円単位で買っていましたし、そういう人は結構多いと思います。
里中氏の主張は至極正論だが、敵も多いんだろうなと感じます。

だが、私は「衝撃を受けた馬券」の項で述べたように、ホーマンの彼と一緒に競馬をすることで、それが間違っていたことに気づきました。
・レースの選択
・資金の集中
がいかに大事かを。

だけども、いくらレースを選択しようが、資金を集中しようが、馬券が当たらなければ意味がない。
そして馬券を当てるためには、意識を集中し、深く考え、レースを記憶にとどめ、復習をすることが大事だと。
その思考過程の修行期間はどんな人にも必要だと思う。
初めから馬券がうまい人などいないから。

里中氏は今となっては10万単位の馬券も購入するとか書いているが、はじめの修行レートは単2000/複4000(1000/2000だっけ?)だったとしている。

「全ての100円馬券に意味がない」のではない。
「惰性で買う100円馬券に意味がない」のだ。

私は今回、購入額を100円単位に落とすが、それで予想の手を抜いたり、全レースに手を出すようなことはしないつもり。
今までどおり1本かぶりのレースを選定し、その中から1番人気が飛びそうなレースのみ購入する。
1000円/2000円、それ以上賭けているという意識で、額にとらわれず真剣に予想をしたいと思う。

私は今まで、こういうことをしたことがなかった。
本当にスタンス・センスを作り上げていく過程というのは、こうした地道な努力が必要なのだと思う。

自分の競馬センスを上げるため、頑張っていきたい。


センスを上げたい! ⇒ 高的中率!競馬ブログランキング

ブログランキング
プロフィール

淡々単

  • Author:淡々単
  • 競馬に勝つには単勝しかありえない!
    忠実に実行して、年間プラスを目指します!
ブログ内検索
最近の記事
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。